「持続可能性に関する誤った信念に対処するため、米国の仮想通貨マイニング業界がDECを設立」

US cryptocurrency mining industry establishes DEC to address misconceptions about sustainability.

米国の暗号通貨マイニング業界は、その持続可能性に関する誤解を解消するためのロビーグループを設立しました。DECは、特に政策立案者に対してその持続可能性についての誤解を解消することを目指しています。米国政府は長い間、暗号通貨マイニング業界に注視してきました。取引所が持続的な監視を受けてきただけでなく、マイナーも同じ状況です。この業界は数々の行動の対象となり、持続可能性と排出物について問い詰められてきました。

暗号資産環境透明性法案は3月に議会に提出されました。当時、マイナーは公共電力網から大量の電力を搾取していると非難されていました。非難の一部は、暗号マイナーが大量の温室効果ガスを排出しているというものでした。そのため、この法案は5メガワット以上の電力を利用するマイニング企業が排出物を開示することを求めています。

デジタルエネルギーカウンシル(DEC)が米国で始動

DECの創設者であり、社長でもあるトーマス・メイプス氏は、デジタルアセットマイナーがワシントンで統一された声を持つ時期だと述べました。実際、メイプス氏はこの行動が「待ち遠しい」と述べました。最初の関連メンバーとして、創設者は「連邦レベルでのデジタルアセットマイニングとエネルギーポリシーの交差点」に焦点を当てると述べました。

公式 🚨 デジタルアセットマイニングとエネルギーの交差点に特化した最初のメンバー協会が、連邦レベルでのデジタルアセットマイニングとエネルギーポリシーを対象にしています。デジタルアセットおよびエネルギーのリーダーとの協力を楽しみにしています。詳細はこちらをご覧ください:https://t.co/kBFRkXHTNy https://t.co/kzNhtfxYZi

— Tom Mapes (@tommapes88) August 16, 2023

DECの社長は、米国エネルギー省国際局の首席補佐官として長年務めた後、デジタル商工会議所のエネルギー部門の責任者でもありました。メイプス氏によれば、彼はエネルギーエコシステムにおける暗号マイニング企業の重要性を理解し始めました。彼は、無駄になるであろう余剰エネルギーの購入や需要時に電力を供給する点を利点として挙げました。彼はまた、暗号企業が将来的にエネルギー企業と同じ役割を果たすとのビジョンを述べました。

「私はエネルギー会社、公益事業会社、電力提供会社-主要な企業がこの新しい技術を見て、関わる方法を見つけ出すことになるだろうと思っています。」

彼の暗号企業に対する考え方は、米国の議員とは異なるようであり、そのためDECは誤解を正すことに力を注いでいます。マイニング活動の持続可能性に関する疑問を解消するだけでなく、DECは米国の暗号通貨マイニングとエネルギー開発を支援する政策の提唱も計画しています。

DECのメンバー企業のCEOであるザック・ブラッドフォード氏は、DECがワシントンでマイニングとエネルギーの豊富さを対象とした唯一の団体であると述べました。彼はまた、政治を献身と努力が必要なチームスポーツと表現しました。