アメリカのCPIインフレ率は5月に0.1%に低下し、ビットコインは上昇しました

アメリカ労働統計局によると、5月の消費者物価指数(CPI)は予想を下回り、4月の0.4%に対して、わずか0.1%上昇しました。経済学者の予測は0.2%の上昇でした。

前年同月比で、CPIは4.1%の予測に対して、4.9%から5月には4.0%に減速しました。

食品やエネルギーコストなどの変動の激しい項目を除いたコアCPIは、予想通りに0.4%上昇し、4月と同じで、予測も0.4%でした。コアCPIは、前年同月比で5.5%から5月には5.3%に減速し、予測通りの5.3%でした。

ビットコイン( BTC )の価格は、レポート発表後数分でわずか1%上昇し、26,375ドルまで上昇しました。

この最新のインフレニュースは、アメリカ連邦準備制度理事会の金融政策会議の結果の1日前に発表されました。今朝の数字に先立ち、市場参加者は、2022年3月以降の歴史的な利上げの連続を中断する可能性が76%程度だと評価していました。ニュースが発表された数分後、休止する可能性は79%に上昇しました。

伝統的な市場をチェックすると、株価指数先物はあまり動いておらず、月曜日の大幅な上昇後もわずかに上昇しています。10年国債の利回りは3.71%に3ベーシスポイント低下し、2年国債の利回りは6ベーシスポイント減少し、4.51%になっています。