米国CFTC議長、機関が「軽度の規制委員会」であるとの主張は真実とは程遠いと発言

先週に起こった出来事とともに、立法者が業界を規制する法律案を検討する中、米商品先物取引委員会(CFTC)のロスティン・ベーナム委員長は、仮想通貨に対する「軽視的な規制当局」になるという主張に反論した。

ベーナム氏は、火曜日に開かれた農業委員会の公聴会で、CFTCが仮想通貨業界の規制に取り組む際に軽視的な立場にあると見られているという意見について尋ねられました。

CFTCは、仮想通貨支持者の間で好まれる規制当局のように見えます。

ベーナム氏は、CFTCが原則に基づく規制当局であるため、詳細で規定的なルールから離れ、広く述べられた原則に頼ると述べ、それを称賛されているとは思っていないと述べました。

「批評家が簡単に言うことができるので、『彼らは原則に基づく規制当局であるため、軽視的な規制当局である』ということです。それは真実とはかけ離れています。」とベーナム氏は述べました。

タイムライン

議員たちは、先週公開された議論の下書きについてベーナム氏に尋ねました。この下書きは、デジタルアセットが証券と見なされ、証券取引委員会によって規制される時期を明確にし、デジタルアセットがどのように扱われ、中間業者がSECまたはCFTCに登録できるプロセスを作成することを目的としています。

ジョージア州のデビッド・スコット議員は、CFTCとSECの新しい規則を実施するのにどれくらい時間がかかるかを推定するようにベーナム氏に尋ねました。

追加の資金があれば、少なくとも1年から2年かかりますが、その資金がなければ、3年から4年近くかかるとベーナム氏は述べました。

また、火曜日のKocooに対するSECの訴訟についてもベーナム氏に尋ねられ、13の仮想通貨が証券として名指しされたが、これらが正当に証券として分類されたものであるかどうかについては答えないと述べました。

「私はそれに答えないつもりです。私たちは現在訴訟中だからです。」とベーナム氏は述べました。「混乱しているという理由があります。不確実性があり、いくつかの活発な訴訟が進行中であり、将来的にはこれらの違いを解決できることを願っています。」