6月の米国の雇用は予想の230,000件に届かず、209,000件の雇用が追加されました

アメリカは6月に20万9000人の雇用を増加させました。これは予想の23万人にわずかに届かず、5月の30万6000人から減少したものです。この数字は労働統計局(BLS)の毎月の雇用レポートに基づいています。5月の雇用増加は元々33万9000人と報告されていました。

失業率は6月に3.6%となり、5月の3.7%から下がり、3.7%の予想に対しても下回りました。

ビットコイン(BTC)の価格はレポートの公表直後にわずかに上昇し、3万2500ドルとなりました。

このニュースは、ADPの6月の雇用レポートが予想を上回る49万7000人の雇用増加を示した24時間後に発表されました。この数字は予想の22万人を大幅に上回り、金利を急上昇させ、ビットコインを1000ドル以上、3%以上下げました。

この朝の雇用レポートはわずかな予想のミスですが、14ヶ月連続で予想を上回るという前例のない記録を破ったことで注目されています。

レポートの詳細をさらに掘り下げると、労働力参加率は4ヶ月連続で62.6%のままでした。平均時給は6月に0.4%上昇し、0.3%の予想を上回りました。年間ベースでは、平均時給は4.4%上昇し、5月と同じく予想の4.2%を上回りました。

5月の雇用増加には3万3000人の下方修正があり、4月の雇用増加は7万7000人減少して21万7000人に修正されました。合計で、4月と5月のレポートから11万人の雇用が差し引かれました。

7月にはまだたくさんの経済データがありますが、今日の公表は連邦準備制度理事会の7月末の金利政策会議前の最後の全国雇用レポートとなります。最新の数字が公表される前、市場では中央銀行がその会議で利上げを再開するとほぼ確実視されていました。

消費者物価指数(CPI)によるインフレ率は2022年の9.1%のピークから現在の4.0%に下がっていますが、それでも連邦準備制度理事会の2%の目標を大幅に上回っています。さらに、食品やエネルギーの価格変動を除いたコアCPIは、現在の5.3%のレートは昨年の6.6%のピークから比較的緩やかに下がっています。

中央銀行は、インフレを抑制するためにより鈍い雇用環境が必要との考えを明確にしていますが、これまでのところ雇用状況は強いままです。今日の雇用のソフトな数字がトレンドの始まりとなるのかどうかはまだ見極める必要があります。