詐欺的なエアドロップに続いてUpbitがAPTトークンの入金と引き出しを再開

Upbit resumes deposit and withdrawal of APT tokens following fraudulent airdrop

韓国最大の仮想通貨取引所であるUpbitは、Aptos(APT)トークンの出金と入金を再開しました。これは、取引所が異常な入金試行の数を認識した直後に入金を一時停止するという早期の決定に続いています。日曜の声明によれば、Upbitのシステムは、新たに作成された偽のAPTトークンである「ClaimAPTGift.com」を正当なものと誤認しました。入金と出金を停止する決定は迅速でしたが、その決定は偽のAPTトークンが既に40万のAptosウォレットに入ってしまった後でした。

取引所はこの問題を軽んじましたが、TwitterアカウントDefinalistが共有したMingMingBBSの分析によれば、影響はもっと悪い可能性があります。

偽のAPTトークンのコードによると、被害を受けたアカウントには約250ドルの入金がありました。しかし、Definalistは、詐欺師がコードに2つのゼロを含めた可能性があると主張しています。したがって、エアドロップされる金額は1人当たり25,000ドルに増える可能性があります。

UpbitはAPTトークンの問題を解決しましたが、ユーザーに予想される問題について警告します

同日の午後11時までに、会社は問題を解決したと発表しました。ウォレットの検査を完了した後でした。声明には次のように記されています:

「異常な入金試行への対策は完了し、Aptosの取引に問題はありません。」

一方、取引所は入金と出金のサービスが円滑に再開することを期待しているユーザーに警告しています。まず、Upbitは、ユーザーが行ういかなる取引でも処理の遅延を経験する可能性があることを説明しています。取引所はまた、他の取引所との相互作用時に価格の違いを経験する可能性があると述べています。Upbitによれば、価格の変動は凍結中に起こった価格変動の結果として起こる可能性があります。

現時点で、APTトークンは時価総額で38番目に大きなトークンであり、約12億ドル以上です。CoinMarketCapのデータによれば、APTは過去24時間で9.35%上昇し、現在5.64ドルで取引されています。