Uniswap Foundationのブリッジレポート発表:勝者と敗者

Uniswap Foundationは、最大の分散型取引所(DEX)であるUniswapが、そのガバナンスプロセスを支えるいくつかのコアインフラストラクチャを公式に調査した、大規模な取り組みであるBridge Assessment Reportを木曜日に公開しました。

Uniswapは取引高において最大のDEXです。それは、スマートコントラクトを使用して、信頼できる中間業者の必要性なしに、異なる暗号トークン間でのスワップをユーザーに提供する、従来の通貨交換に代わる分散型の代替手段を最初に提供したブロックチェーンベースのプログラムの一つでした。

同財団は、6つの主要な暗号ブリッジプロバイダーを分析するために9人の専門家グループを使用しました。暗号ブリッジは、ブロックチェーン間でメッセージを相互にやり取りするための重要な暗号インフラストラクチャの一部です。

ブリッジチームとの直接的な対話やコード評価を含む包括的なレビューの後、委員会は、プロトコルガバナンスのUniswapの特定のユースケースにWormholeとAxelarを承認しました。LayerZero、Celer、DeBridge、Multichainなどの他のブリッジは、財団の基準を満たしませんでした。報告書は、将来のアップデートに続いていくつかのプロトコルの再評価の可能性を残しています。

この評価は、Uniswapや他の分散型ガバナンス組織が直面するいくつかの重要な問題に対処するために設計されました。それは、大きな決定を重く考えるための専門的な知識の必要性と、利益相反がコミュニティの審議を混乱させる可能性があるというものです。

委員会は、その結論が「狭い範囲に限定されている」と何度も指摘するように心がけました。「報告書によると、クロスチェーンメッセージングプロトコルの評価にのみ使用されるべきです。」

このプロセスの結果は拘束力がありません。Uniswapが新しいブロックチェーンに拡大するたびに、そのコミュニティは最終的にガバナンスプロセスをバックアップするブリッジプラットフォームを投票することになります。(委員会に承認されなかったLayerZeroは、既にAvalancheブロックチェーン上でUniswapによって使用されています)。

ただし、Axelarなどの報告書で肯定的にレビューされたプロトコルは、既に誇りのバッジとして結果を着用しています。「Uniswapの承認は、Axelarのアプローチの検証です。」と同社の代表はKocooにメールで語りました。

AxelarのCEOであるSergey Gorbunovは、インタビューで報告書を称賛し、「私は一般的にそれがどのように考えられたかに驚かされました。そのように考えることができるプロジェクトはほとんどありません。これらのソリューションのすべての背後にあるフードを掘り起こすには、非常に技術的なチームと多大な献身が必要です。」

ブリッジ選択の苦悩

Uniswapは、Uniswap Labsという営利企業によって構築されましたが、Uniswap DAO(分散型自治組織)によって統治されており、UNIトークンを使用して主要なプロトコル変更に投票するコミュニティメンバーの集合体です。他のDAOと同様に、Uniswapには正式に確立された運営エンティティがあり、この場合はUniswap Foundationです。その責任には、DAOの膨大な金庫を管理することや、日々の運営を組織することが含まれます。

財団は、昨年Uniswap v3の拡張をBNB Chainに導入するためのブリッジを選択する混乱したコミュニティ投票の後、Uniswapのブリッジアセスメントプロセスを開始しました。

Uniswapがブリッジの選択をコミュニティ投票に委任したとき、通常は退屈なUniswapガバナンスフォーラムで非常に激しい戦いが勃発しました。

詳細はこちら:Wormhole Wins Vote to Be Uniswap’s Designated Bridge to BNB Chain

ブリッジは、うまくいかない技術として有名です。過去数年間に多くの、もしくはほとんどのヘッドラインになっている数十億ドル単位の暗号の脆弱性は、バグのあるブリッジに由来します。UniswapのBNBブリッジスポットを狙うチームは、彼らの選択がより広範な暗号コミュニティに対する信頼を示すことができることにすぐに気づきました。

投票の後、多くのDAO投票者は、Uniswapのフォーラム中心の審議プロセスが、異なるブリッジプラットフォームの高度に技術的なトレードオフを評価するのに十分ではないと不満を述べました。DAO投票者がブリッジデザインを評価するために同僚から指導を求めたとき、利益相反の問題も重大な障害となりました。

Uniswap Foundationは、BNBの投票で直面した課題をアセスメントプロセスで解決しようとしました。

「私たちの委員会はまず、Uniswapのクロスチェーンガバナンスユースケースを定義し、最優先でセキュリティを優先し、最初の原則からアセスメントフレームワークを作成しました。」Uniswap Foundation Executive Director Devin Walshは、Kocooにメールで語りました。「このプロセスが、他のDAOがクロスチェーン展開について考える際のインスピレーションになり、分散型意思決定を支援することを願っています。」

Sheldon Rebackによって編集されました。