Unstoppableは、ENSドメインのサポートを追加しました

Unstoppable added support for ENS domains.

デジタルアイデンティティプラットフォームのUnstoppable Domainsは、Ethereum Name Service(ENS)ドメインエンディングのサポートを追加し、Web3のオファリングを拡大しています。

.ethドメインエンディングを使うことで、所有者は自分のデジタルアイデンティティをEthereumブロックチェーン上に保管することができます。.ethドメインに慣れていない人々にとって、最も簡単な考え方は、長いウォレットアドレス(例:0x74Fe1103d28fb79F4d83800003983390Dfc61234)を短い名前(例:”me.eth”)で登録できるということです。

関連記事:分散型アイデンティティとは何ですか?

Unstoppableは、既に.crypto、.nft、および.polygonドメインエンディングを提供しているプラットフォームで.ethを新たなユーザーに提供することで、.ethに対する関心を高めることを目指しています。

同社は、.ethドメイン名の所有を容易にするための追加機能を展開しており、イーサリアムベースのドメインの自動更新を提供することで、ユーザーはドメインが期限切れになったときに更新を覚えておかなくても済み、非常に人気のあるドメイン名の喪失のリスクを回避することができます。

また、ユーザーがウォレットに接続する前にドメインを保管するための保管庫を導入し、クレジットカード、PayPal、Apple Pay、Google Pay、および暗号通貨でドメインエンディングを購入するためのフィアット支払いもサポートします。

Unstoppable Domainsは登録済みユーザー数360万人、ENSドメイン保有者数270万人を持ち、デジタルアイデンティティの保全において業界をリードしています。Unstoppable DomainsのCEO兼共同創設者であるMatt Gould氏はCoinDeskに対して、.ethドメインを新規ユーザーに購入しやすくすることで、Web3のネイティブでない顧客を引き寄せると述べています。

「人々は、さまざまなプラットフォーム上のすべてのWeb3ドメインを管理するために1つの場所を持ちたいと思っています」とGould氏は語っています。「異なる種類の暗号通貨で支払いをしなければならないことや、追跡しなければならない1,000個の異なるウォレットがあることを考えると、それは望ましくありません…それが私たちが進む方向性です」と述べています。

Unstoppableから.ethドメインを購入したユーザーはENSの統合にアクセスできますが、リリース時にはUnstoppableの統合にアクセスすることはできません。Gould氏は、同社がWeb3ドメインアライアンスの一環として業界標準を開発するために取り組んでいると述べており、この組織は暗号空間全体でデジタルアイデンティティの将来がどのようになるかを定義することを目指しています。

「私たちは、みんなが同じ部屋に集まって、お互いをサポートするための話し合いをしたり、コミュニティでうまく機能していること、物事を前進させるためのヒントやトリックを共有したり、業界の標準を設定したりすることを目指しています」とGould氏は述べています。

Unstoppableは、熊市の間に提携を結び、新しいドメインエンディングのサポートを展開してきました。2021年2月には、Opera互換の暗号ブラウザ用ドメインエンディング.cryptoと.zilを追加しました。3月には、Polygonと提携して.polygonドメインエンディングをリリースし、ネットワーク上の750以上のアプリケーションにアクセスできるようにしました。

関連記事:デジタルアイデンティティ企業Discoが1,200ドルの帽子を販売する理由