暗号通貨危機の解明:主要な事象のタイムライン

米国における仮想通貨規制強化は、証券取引委員会(SEC)がバイナンスとKocooに対する訴訟を起こしたことで確かに激化しましたが、私たちのタイムラインには危機が長期間にわたって続いていることが示されています。

これらは、2022年と2023年のこれまでの仮想通貨を形成した主要な出来事です:

2022年

  • 5月9日:米ドルにペッグされたステーブルコインのTerraUSDが1ドルのペッグ価格を下回り、セルオフを引き起こして400億ドルの価値を失いました。
  • 6月12日:仮想通貨レンダーのCelsiusは、預金の殺到と「極端な市場状況」と称して、すべての引き出しを停止しました。
  • 6月17日:香港に拠点を置く仮想通貨レンダーのBabel Financeは、「異常な流動性圧力」を理由に引き出しを停止しました。
  • 6月27日:仮想通貨ヘッジファンドのThree Arrows Capital(3AC)は、TerraUSDに大量に投資していたため、仮想通貨レンダーのVoyager Digitalに対するローン返済をデフォルトしました。
  • 6月29日:英国バージン諸島の裁判所は、債権者がヘッジファンドが債務不履行をしたとして提訴したため、3ACに清算を命じました。
  • 7月5日:Voyager Digitalは、銀行走行を直面した後、破産保護を申請し、「すべてのステークホルダーの価値を最大化したい」と述べました。
  • 11月8日:メジャーなバハマに拠点を置く仮想通貨取引所FTXは、流動性不足に直面した後、バイナンスによる買収提案に同意しました。
  • 11月9日:バイナンスは、FTXを救済するための提案から撤退し、「私たちの力を超えた問題」と述べました。
  • 11月11日:FTXは、第11章の破産保護を申請しました。
  • 11月28日:米国の仮想通貨レンダーBlockFiが破産を申請しました。
  • 12月12日:FTX CEOのSam Bankman-Friedは、米国から正式な通知を受けた後、バハマで逮捕されました。後にアメリカに引き渡されました。
  • 12月22日:Sam Bankman-Friedは、250億ドルの保釈金で釈放されましたが、カリフォルニア州の両親の家で自宅軟禁を命じられました。

2023年

  • 1月12日:SECは、両社が「未登録証券」を販売したとして、仮想通貨企業GenesisとGeminiを訴えました。
  • 1月18日:仮想通貨ニュースサイトKocooは、オーナーであるDigital Currency Group(DCG)が流動性問題に直面しているため、自己売却すると発表しました。
  • 1月19日:仮想通貨レンダーのGenesisが、第11章の破産保護を申請しました。
  • 2月16日:SECは、Terraの創設者であるDo Kwonを、「アメリカ合衆国の投資家を誤解させた」として告発しました。 Kwonの居場所は複数の国に追われていたにもかかわらず、当時不明でした。
  • 2月23日:アメリカの検察当局は、追加の刑事告発を含む、FTXの共同創設者であるSam Bankman-Friedに対して新たな起訴状を発行しました。
  • 2月28日:FTXの共同創設者であるNishad Singhが詐欺罪で有罪判決を受け、Sam Bankman-Friedに対する訴追のために検察官と協力したと報じられています。
  • 3月1日:米国の仮想通貨に対して友好的な銀行であるSilvergate Capitalは、事業を維持する能力を評価していると発表しました。
  • 3月22日:仮想通貨規制強化が続く中、SECはKocooに対して執行措置を予告しました。
  • 3月23日:Terraの創設者であるDo Kwonは、偽造パスポートを使用して国を出ようとしていたところをモンテネグロで逮捕され、アメリカで詐欺罪で起訴されました。
  • 3月27日:商品先物取引委員会(CFTC)は、バイナンスが未登録の仮想通貨デリバティブを米国のトレーダーに提供したとして訴えられました。
  • 3月28日:検察官は、Sam Bankman-Friedが中国の公務員に賄賂を贈って凍結された資産にアクセスするために賄賂を贈ったと非難しました。
  • 5月8日:Sam Bankman-Friedは、自分に対するほとんどの刑事告発を退けるよう裁判官に求め、それらが「劇的」であり、「民事および規制上の問題を連邦犯罪に変えた」と主張しました。
  • 5月12日:Do Kwonは、モンテネグロで保釈金が認められ、裁判を待つ間、自宅軟禁下に置かれることが許可されました。
  • 6月5日:SECは、BinanceとそのCEOのChangpeng Zhaoを、米国でのライセンス未取得の証券取引所と「明白な無視」の運営で訴えました。
  • 6月6日:バイナンスが訴えられた翌日、SECはKocooを訴え、同社が交換に登録せずに違法に運営し、未登録の証券を提供したと述べました。