Uniswap詐欺警告:詐欺師が重役をなりすまし、偽のウェブサイトを作成

Uniswapプロトコルの創設者かつUniswap LabsのCEOであるHayden Adams氏は、最近、個人が偽のUniswapウェブサイトを作成した詐欺についてTwitter上で驚きを表明しました。

Adams氏は、ツイートで、その詐欺の精巧な性質に驚きを示し、かなりの努力が必要だったことを強調しました。また、詐欺師たちは、その計画に中国コミュニティのコンテンツを取り入れ、詐欺的なウェブサイトで正規のUniswapアプリへのリンクを含めたことを明らかにしました。

詐欺師たちは、計画に信憑性の追加レイヤーを追加するために、Uniswapの高位幹部を演じた人々を紹介する1時間のZoom録画を作成するなど、大がかりな手段を講じました。この演出されたビデオプレゼンテーションは、視聴者を詐欺の正当性を信じ込ませることを目的としています。Adams氏は、そのビデオを見て、「ビデオは狂っている。誰がいるのかわからない。」と述べ、彼の驚きを表明しました。

誤解を払拭するために、Adams氏は、UniswapやUniswap財団が該当のビデオまたはその中に登場する人物と何らかの関係や関与を持っていないことを明確にしました。

Crypto Twitterでは、中国深センの人々がUniswap (UNI)トークンを促進するビデオが詐欺の核心になっている可能性があると推測されています。報道によると、その映像には「初めてのUniswapアジアサミット」と「ゲスト:UniswapのCEO」と題されたものがありました。

Adams氏と彼のチームは、この詐欺を撲滅および被害を軽減するための取り組みに従事しています。その取り組みには、偽造されたウェブサイトを作成するために使用されたドメインを取り下げることが含まれます。

関連記事:Uniswap DAOはLP手数料を請求する計画を拒否し、UNI所有者は税金の問題を引用

TwitterユーザーのRoland氏は、Adams氏のツイートで説明されたイベントに対する驚きを共有しました。彼は深センの近くに住んでいるにもかかわらず、そのようなイベントには不慣れであり、中国の厳格な暗号通貨規制のために秘密裏に組織された可能性があると推測しました。

中国人民銀行は、2018年に、承認なしに公共資金調達を促進しているとして、暗号通貨取引所の運営を禁止しました。中国は2021年9月以来、すべての暗号通貨取引を禁止しています。

雑誌:中国のテレビ局が報じた暗号通貨の「牛市」が検閲される