不満なスタッフ:Binance、Coinbase、およびGeminiは、職場の満足度が低いランキングとなっています

従業員の幸福感は、あらゆる業界において重要な要素であり、暗号通貨の世界も例外ではありません。しかし、最近のGlassdoorからのデータによると、Gemini、Binance、Coinbaseなどの人気のある暗号通貨取引所では、スタッフの満足度が比較的低いとされています。

Tech人材紹介会社であるTrueUpは、27の有力な暗号通貨企業における従業員の幸福感と成長を評価するために、Glassdoorからデータを収集しました。その結果は、4つの象限図で示され、破産した暗号通貨貸し手のCelsius、デジタル資産取引プラットフォームのAmber Group、および仮想資産サービスプロバイダーのGeminiが、それぞれ80、139、および42人の従業員のレビューに基づいて最も幸福度が低いことが示されました。また、BinanceとCoinbaseもチャートの左側に位置し、従業員の満足度が低いことを示しており、合計1,257件のレビューがあります。

重要なことは、Glassdoorは具体的な幸福指標を提供していないということです。代わりに、会社の推奨度、CEOの承認、および総合的な見通しのような指標を通じて従業員の感情を評価しています。これらの指標は、暗号通貨業界における従業員の満足度に関する貴重な情報を提供し、さらなる分析の基礎となります。

過去1年間、CoinbaseのCEOであるBrian Armstrongは、従業員が不満を表明すると強く反応し、「辞めることを考えるべきだ」と示唆しました。この反応は、一部のスタッフが最高執行責任者であるEmilie Choi、最高製品責任者であるSurojit Chatterjee、および最高人事責任者であるLJ Brockを含む一部の幹部の解任を求める請願書を提出した後になされました。請願書は、幹部からの非現実的な要求を理由として、企業、従業員、株主の最善の利益にならない決定を最近行っていると述べています。

Circle、Ripple、およびOpenSea:従業員の満足度が高い

ただし、デジタル資産部門のすべての企業が従業員の不満に直面しているわけではありません。TrueUpのデータによると、Circle、Ripple、および非交換可能トークン(NFT)マーケットプレイスであるOpenSeaなどの企業は、より幸福な従業員を持っています。Chainalysis、Fireblocks、Ava Labs、およびImmutableなどの他の仮想資産サービスプロバイダーも同じカテゴリーにランクインしています。

成長に関しては、Binance、Coinbase、Blockchain.com、Bitpanda、Geminiなどの企業は、長年にわたり大きな成長を遂げています。これらの暗号通貨サービスプロバイダーは、新興経済における主要なプレーヤーとして自己を確立し、世界中からユーザーや投資家を引き寄せています。TrueUpのデータはまた、Animoca Brands、MoonPay、およびBitmainを急成長を遂げた暗号通貨企業として特定しました。

Binanceがデータに対応

データに対するBinanceの回答では、同社はハイパフォーマンスな環境で優れた成績を収め、ユーザーに対して責任を持って取り組む人材の採用に取り組んでいることを強調しています。同社の広報担当者は、Binanceの「ハードコア」な価値観にすべての従業員が合わないかもしれないと述べ、Binanceはフィードバックを成長の機会と捉え、従業員の体験を向上させるために常に努力していると説明しました。

「これはまた、このユニークで過酷な速度の環境でうまくいかない人もいることを意味します。その結果、いくつかのネガティブなレビューを受け入れなければなりません」と、Binanceの広報担当者は説明しました。