デジタル資産に関する不確定性は、機関を「監督の空白」に閉じ込めている – 米連邦準備制度理事会のガバナー

米国連邦準備制度理事会(FRB)の理事であるミシェル・ボーマン氏は、銀行業務サービスとデジタル資産に関する現在の監督に対し、グローバル規制当局の注目を呼びかけました。Bowman氏によると、新興技術に関して金融機関は「監督的な空白」状態に置かれているとのことです。

「指導を提供する努力はあるものの、これらの活動についての許容性および監督上の期待については、重大な不確実性が残っています。… これにより、銀行は将来的に批判されることになる場合があり、政策立案者による一般的で非拘束力のある声明に頼る危険な立場に置かれています」とBowman氏は述べました。彼女のFRBでの任期は2034年までです。

バンクレギュレーションおよび監督に関するボーマン理事のスピーチ:https://t.co/LzwsKieEcx

— Federal Reserve (@federalreserve) June 25, 2023

さらに、ボーマン理事は現在の規制状況によってもたらされるリスクについて言及し、明確な規制枠組みがない場合、規制当局は重要な投資が行われた後に企業に新しい要件を課す可能性があると指摘しました。「私たちの役割が効果的な監督と規制である場合、新しい技術と伝統的な活動の両方に関与する意欲がなければなりません」と彼女は付け加えました。

Bowman氏は、デジタル資産に明確な規制枠組みを求める数十人の声の1人として加わりました。格付け会社のムーディーズは6月20日、米国の立法府がデジタル資産に焦点を当てた法律に対する支援を行わない場合、投資家や企業が他の暗号通貨フレンドリーな管轄区域に移行する可能性があると警告しました。

金融サービス委員会と農業委員会の議員らは最近、一部の暗号資産にラベル付けされるデジタル商品への道筋を提供するドラフトディスカッションを発表しました。このドラフト法案は、米国証券取引委員会(SEC)が規制された代替取引システムとしての登録を暗号資産取引プラットフォームから拒否することを禁止し、そのような企業が「デジタル商品および支払いステーブルコイン」を提供することを許可するものです。

Bowman氏は、金融機関に対して新興技術に関する明確なアプローチを提供しないことが、「高金利に対応する銀行にとって重大な結果をもたらす可能性がある」と警告しています。

米国連邦準備制度理事会(FRB)の理事であるミシェル・ボーマン氏は、米国における新しい技術の明確な規制枠組みの欠如を批判しました。

雑誌:暗号通貨規制—SEC議長ゲンスラー氏に最終決定権はあるのか?