「とんでもない世界:エネルギーの政治化」

Unbelievable World Politicization of Energy

「それはアメリカにとって地獄への道でしょう。」

私はあのクリップをいつまでも楽しむことはないでしょう。「クラウンワールド」はもはやただのミーム以上の存在になっています。

ここアメリカでも、そしてヨーロッパにも関係があるのですが、過去数十年にわたって発電業界内には2つの対立する勢力がありました。それは石油・ガスと再生可能エネルギー(特に風力と太陽光)です。一方は他方を完全に段階的に排除することを求めています。一方、反対派は主に以下のようなヒポクリシーを指摘しています。つまり、自社の運用を開発、展開、運用、保守の一連のプロセスで悪者にされた資源に重度に依存しており、結果として当初は悪者にされたものの需要を増加させています。では、なぜこの愚かで幼稚な泥投げ合いをするのでしょうか?再生可能エネルギープロジェクトの成長を正当化するだけの十分な政府の補助金があるのではないでしょうか?エネルギーと電力の生成スタックに純粋さのテストを適用したいという欲求はなぜなのでしょうか?再生可能エネルギープロジェクトのために経済的に効果的な発電効率と運用実行の困難さを無視しています。

ESGフラッグが持ち込まれた範囲が論理や理性を超えていたことは明らかです。現在、振り子は激しく反動しています。ヨーロッパでは最近、ESGを諦め、天然ガスを「緑のエネルギー」として追加し、現実からの圧力に屈して原子力を緑と呼ぶことにしました。ブラックロックやS&Pグローバル、シェルの炭素クレジット戦略の放棄、さらにはマクドナルドもビジネス活動や公的議論でのESGストーリーテリングの利用を中止しています。エネルギーは特に政治化されるべきではない産業です。私たちは皆、エネルギーを必要としており、それがますます安くなり、ますます豊富になることを望んでいます。エネルギーには右も左もなく、青も赤も、黒も白も、北も南も必要ありません – むしろ、誰もがエネルギーの豊富さとますます利用可能な電力を得ることから恩恵を受けるはずです。

エネルギーの倫理化についての「対話」はどうでしょうか?それは実際にはただの鳴き声に過ぎません。エネルギー消費を減らすことは、劣化と最終的な荒廃を保証するだけです。そして、その議論が正当化に気候の災害化を頼っているかどうかは言及しません。Alex Epsteinの『Fossil Future』を読んだかどうかに関係なく、「化石燃料が地球を破壊している」という議論全体にどの立場を取るにせよ、このエッセーを読み続ける前にもしくは読み終わった直後に次の2つの行動をお勧めします:

  1. NASAの2019年2月11日の声明を読んでください。それによると、アジア大陸で最大の人口を抱える中国人とインド人が工業化を経験し始めて以来、アジア大陸の緑化が進んでいることが示されています。そして、大気中の炭素含有量の増加が葉緑体の爆発を推進しているように見えるのは本当に悪いことなのでしょうか?この惑星にもっと植物を増やしたくないのでしょうか?それともそれは環境保護主義者のたわごとなのでしょうか?
  2. 次の段落の間にリンクしたTom Gallagherの講義を見てください。ガラガー氏は、地球の気候の長い歴史とそれがどのように激変してきたかについての情報を豊富に提供しています。それは今後も続くでしょう。天気、対流電流、水循環などの複雑なシステムがどれだけの情報を考慮し、それに応じて反応しているかを考えることに特に努力を払ってください。

PALEOCLIMATOLOGY パート1

エネルギー消費を遅らせる余裕はありません。社会は常に無数の方向に進歩を求めています。進歩には仕事が必要であり、それにはエネルギーが必要です。前進するためには、革新と効率改善が必要であり、それにはエネルギー消費が増えてそれらの進展を開発・確立する必要があります。たとえば、補習的なタスクによるエネルギー消費の減少や、スキルのある労働力の確保が難しかったタスクの新しい方法の開発に努力の大部分を向けるなどです。また、完全に新しい方法で作業を行うことを可能にする新しい技術や手法の真の革新が関与する場合もあります。エネルギー消費を遅らせる余裕はありません。

PALEOCLIMATOLOGY パート2

エネルギー消費の成長は、社会が機能し続けるために必要です。それによって改善が生まれる余地が生まれます(後で詳しく説明します)。そして、体と同様に、私たちが成長し、常に新しい限界を打ち破り、前進し続けない限り、私たちは腐り始め、最終的に滅亡します。限界を押し広げ、成長によってもたらされる闘争と成長がなければ、がんや機能の不全が進行し、滅亡はますます近づいていくでしょう。

古気候学パート3

エネルギーの供給可能性、エネルギー消費、および社会的な進歩とインフラストラクチャーとの関係、そして電力の供給可能性の重要性について話しましょうか?それから、エネルギー産業全体における非常に現実的なルネサンスの基盤を築いている技術空間の最近の進展についても議論します。

図1. 出典: https://blogs.worldbank.org/energy/how-much-do-we-know-about-development-impacts-energy-infrastructure

明日は、エネルギーの供給可能性ではなく、消費量の動態とそれがGDPの成長との関係について説明します。

この投稿はマイク・ホバート氏によるものです。ここで表明されている意見は、BTC IncまたはBitcoin Magazineのものとは必ずしも一致しない場合があります。