英国の新しい金融法は、暗号通貨を規制し、『暗号通貨ハブ』に関する規定も含まれています

英国は木曜日に、ブレグジット後の広範な金融規制改革の一環として、暗号通貨とステーブルコインを規制する法律を正式に可決しました。

新しい法律である金融サービスおよび市場法により、規制当局はデジタル資産セクターのための適切な枠組みを確立する権限を持つことになり、英国での暗号通貨の「安全な採用」を支援すると、英国財務省のプレスリリースは述べています。

この法案は、英国政府が英国をグローバルな暗号通貨の中心地に変えるというビジョンを支持するために可決されました。

この新しい法律は、英国財務省が今年2月に最初に発表した「消費者と事業者に明確さを提供する」という計画の一環です。

当時の考えは、従来の金融と同様に暗号通貨を規制する方法で規制することでしたが、後に影響力のある議員たちが、代わりに暗号通貨をギャンブルとして規制することを望みました。

規制サンドボックスの導入

英国で法的に可決された新しい法律は、ビジネスによるブロックチェーン技術のさらなる実験を容易にするために、規制サンドボックスを導入します。

典型的な暗号通貨に加えて、この法律はステーブルコイン(法定通貨にペッグされたデジタルトークン)を支払い手段として正式に認めることも規定しています。

議会審議の段階で、暗号通貨をすべて規制活動と分類し、規制当局による暗号通貨のプロモーション監視の権限を与えるための修正が行われました。

英国財務省の経済担当国務大臣であるアンドリュー・グリフィスは、この法律を称賛し、「画期的な法律」と呼び、国家政府に「金融サービスのルールブック」の制御を戻すものだと述べました。

彼は、「ブリュッセルで制定された古いEU法を廃止することで、数十億ドルの投資を解き放ち、革新を促進し、経済を成長させることができる」と述べた後で、「2023年は、金融サービスを改革するための画期的な年になっている」と付け加えました。