「英国のFCAが永久的なデジタルサンドボックスを開始」

UK's FCA starts permanent digital sandbox.

キーポイント

  • FCAのデジタルサンドボックスは8月1日に開始されます。

  • サンドボックスは、製品を展開する前に企業がテスト環境として利用することができます。

英国の金融規制当局がデジタルサンドボックスを開始

英国の金融行為監視機構(FCA)は、2023年8月1日にデジタルサンドボックスを開始すると、7月20日(木曜日)に発表しました。

規制当局は、永続的なデジタルサンドボックスを2023年8月1日から提供開始し、さらに幅広い革新的な企業、スタートアップ、データプロバイダーがプラットフォームを利用できるようにします。

このプラットフォームは、企業が開発初期の段階で自社製品のパフォーマンスを試すためのテスト環境として機能します。

この最新の仮想通貨ニュースは、規制当局が試験的にサンドボックスを開始してから約3年後のものです。FCAは、このサンドボックスをデータプロバイダーにも提供し、企業にデータセット、アプリケーションプログラムインターフェース(API)、データセキュリティ保護へのアクセスを提供します。

FCAは次のように述べています。

「これまでは、このプラットフォームはパイロットとTechSprintsに参加している人々に一時的にのみ提供されていました。

デジタルサンドボックスは、イノベーションと成長を促進します – パイロットとTechSprintsに参加した過去の中小企業のほぼ半数が、新製品の立ち上げ、資金調達と提携の獲得、業界の賞または認識を受けるなど、前向きな発展を遂げました」。

デジタルサンドボックスはデータセキュリティ保護を提供します

規制機関は、デジタルサンドボックスには開発者に利益をもたらす多くの機能があると指摘しています。サンドボックスの統合開発環境は、プラットフォーム上のデータ資産を保護しながら実験を可能にします。

さらに、開発者は200以上の合成、公開または匿名化されたデータセット、および1000以上のAPIにアクセスして、技術ソリューションのテストと検証を行うことができます。

オブザベーションデッキ機能により、規制当局、既存企業などの関係者は、テクニカルレベルでの実施中のテストを観察することができます。FCAはまた、サンドボックスが思考の多様性を促進し、学習を共有し、チーム、観察者、メンターの間でエコシステムを育成できると考えています。

元経済担当国務大臣のジョン・グレンは、2022年にサンドボックスの計画を立ち上げ、英国を仮想通貨のイノベーション拠点にすることを目指しました。以前は、サンドボックスはパイロットとTechSprints中のみ利用可能で、金融業界の関係者が業界の課題に取り組むために一堂に集まっていました。