「英国のFCA、登録されていない暗号通貨企業に広告規制の遵守に関する’最後通牒’を与える」

UK's FCA issues 'final warning' on advertising compliance to unregistered cryptocurrency companies.

イギリスの金融市場監督機構である金融行動監視機構(FCA)は、近く新たなマーケティング規則の対象となる仮想通貨企業の関与の不足に再び懸念を表明しました。非コンプライアンスの結果は重大なものになる可能性があると警告しました。

9月21日付けの書簡で、FCAはイギリスの消費者向けに仮想通貨資産をマーケティングする企業に最終警告を発しています。この4ページの書簡は、6月8日に発表された規則に準拠するためにFCAが仮想通貨企業に対して行った取り組みや支援をまず文書化しています。

関連記事:イギリス貴族院、盗まれた仮想通貨の差し押さえを目指す法案を可決

FCAは、10月8日のコンプライアンス期限を2024年1月8日まで延長し、「より高度な技術開発を必要とする機能を導入する」と述べており、ベストプラクティスについての詳細なノートを公開しています。しかし、書簡によれば、「多くの未登録の海外仮想通貨企業が、当局の最善の努力にもかかわらずFCAとの関与を拒否している」という証拠を指摘しています。具体的には、150の企業に送られた調査に対して、24の企業しか回答していないとしています。

新たな体制へのコンプライアンスは、企業の積極的な対応を必要とします:

「体制が施行されると、無許可および未登録の仮想通貨事業者は、承認された者または金融プロモーション規則の一部の狭い例外の範囲内で承認された金融プロモーションのみを行うことができます。」

仮想通貨資産の違法なプロモーションは刑事罰となります。違反者は警告リストに掲載され、そのプロモーションはウェブサイト、ソーシャルメディア、アプリから削除またはブロックされる可能性があります。これらの仲介業者もまた、マネーロンダリング防止およびテロリスト資金供与防止規制などの規制と同様に新たな体制に従うことが期待されています。

FCAが未登録の仮想通貨企業に対して、近日発効予定の金融プロモーション体制に関する最終警告を発出。イギリスの顧客の懸念を引用。コンプライアンス手順の概要を説明。こちらの書簡を全文で読む:https://t.co/AjSTQKXDDl pic.twitter.com/hfX9qbLmBq

— Digital Currencies Governance Group (DCGG) (@DigitalDcgg) September 21, 2023

FCAは違反者から金銭的な補償を求めることがあり、彼らがイギリスの市民と締結する契約は強制力を持たないと書簡は続けています。新たな要件を満たすことができない仮想通貨資産の企業は、イギリスの消費者が彼らのプロモーションに反応しないよう対策を取ることが期待されています。

記事:Binanceが3つのステーブルコインを削除、ロシアが国境を越えた仮想通貨決済に注目、イギリスは仮想通貨に対して前向きな姿勢を示す:Hodler’s Digest、9月4日-10日