ウクライナ中央銀行、暗号通貨規制計画の詳細を公開 – ‘MiCA Move’はキエフに適しているか?

ウクライナ中央銀行は、ヨーロッパ連合(EU)のモデルに近づこうとしており、暗号通貨の規制に関するビジョンを説明しました。

Informatorによると、ウクライナ国立銀行(NBU)は、「ヨーロッパの標準」と一致する形で「暗号資産市場」を規制したいと考えています。

NBU、証券・株式市場国家委員会、デジタル財務省、および議員グループは、今年の初めに規制計画に取り組み始めました。

キエフは、EUの「マーケットインクリプトアセット(MiCA)」法に沿った規制を採用することを望んでいると述べています。

NBUは、消費者の利益を保護するとともに、「金融安定性」を確保するために「バランスを取る必要がある」と述べました。

銀行は、規制が「ヨーロッパの基準に近い」ことが望ましい一方で、「国の法律および金融システムの特異性」を考慮する必要があると述べました。

銀行はまた、「透明性」の重要性について言及し、すべての暗号市場の「参加者」の権利を「保護する必要がある」と述べました。

NBUは、提案について「他の規制当局」と協力する意向を示しています。

NBUの戦略・開発部長であるアルセン・マカルチュク氏は、「市場の発展のための条件を作る必要がある」と述べました。

彼は以下のように述べています。

「主なタスクは、仮想資産市場について透明で明確な規則を策定することです。これらの規則は、サービスプロバイダーとそのユーザーの両方にとって相互に利益があるものでなければなりません。」

また、マカルチュク氏は、2つの規制当局が暗号通貨の規制に責任を持つことになると述べました。それは、NBUと証券・株式市場国家委員会です。

マカルチュク氏は以下のように述べています。

「規制は、ウクライナに最も適した形に調整される必要があります。しかし、概念的には、EUと同じ基準を使用すべきであることに矛盾はありません。」

キエフは、かつての暗号通貨の規制手法を放棄したようです。

国内の立法者は以前、比較的「軽い手触り」の規制を行うことに満足していました。