英国の貴族院、犯罪に使用される仮想通貨の差し押さえと凍結を支援する法案を可決

イギリスの経済犯罪と企業透明性法案は、犯罪に使用される暗号通貨を押収・凍結するために法執行機関を支援するものであり、火曜日に上院で可決され、成立に一歩近づきました。

上院は法案の暗号通貨に関する部分に変更を加えませんでしたが、以前の審議の間に、テロ事件に対する措置の適用範囲を拡大し、犯罪に関連する暗号通貨の特定に役立つ財産を当局が押収できるようにする措置が追加されました。さらに、裁判所が当局に犯罪に使用される暗号通貨を押収・凍結するよう求めるための修正が加えられました。

政府は3年間の経済犯罪計画の一環として、暗号通貨の犯罪的悪用に取り組むと述べ、警察の全国に暗号通貨の戦術アドバイザーを導入し、犯罪に関連するデジタル資産を特定・押収するための支援策を講じました。

国立犯罪庁の総局長であるグレーム・ビッガーは、法案が導入された9月の声明で、「国内外の犯罪者は長年にわたり、イギリスの企業構造を悪用して犯罪と汚職の収益を洗浄し、ますます暗号通貨を使用しています。」と述べました。「この待ち望まれていた改革は、私たちが両方に取り組む手助けとなります。」

上院の承認により、法案は最終段階のために庶民院に戻されます。両院が文書に合意すると、国王の署名が必要です。法案は議会の両院間で何度も送り返され、合意が得られるまでやり取りされることがあります。

編集:シェルドン・リーバック