英国法委員会、暗号通貨を担保とするための特別な法的枠組みを要求

イングランドおよびウェールズの法律委員会は、暗号通貨を担保として貸付に利用する担保取引を扱うために特別に設計された国家的な法的枠組みを勧告しました。法務省の資金提供を受けたこの委員会は、このような担保取引が市場の流動性を向上させるだけでなく、投資家が「利用されていない」資産の価値を「抽出」するという「さまざまな利益」をもたらすと指摘しました。しかし、担保を提供する借り手が取引相手の貸付業者が破綻した場合、すべての資金に対して請求権を持たない可能性があります。委員会は、水曜日に公表された304ページの報告書で、「担保を受ける者が破産手続に入った場合、担保提供者は余剰の収益に相当する金額に対して債権者としての請求権を持つことはなく、資産に対する所有権を持つことはない」と述べています。

暗号通貨担保付きローンは、既にデジタル資産に多くの価値を保有しているHODLerにとって大量の資金を解放するために使用されます。例えば、ビットコインを担保にしてさらにビットコインを購入するためのレバレッジの形式としてしばしば使用されます。ただし、いくつかの重大なリスクが存在します。貸付業者が提供された担保の暗号通貨がローンの規模に対して一定の価値を下回る場合、貸付業者はローンを売却し、利益を確保するために借り手の資金をすべて保持します。

さらに、貸付業者が担保を再担保し、それをすべて失う場合、昨年のCelsiusやBlockFiのように破産する前に、借り手を保護する手段はありません。

法務省の資金提供を受けたこの委員会は、既存の英国法がデジタル資産に対応するのに十分であることを認めながらも、市場が成長し進化し続ける中で「残存する法的な不確実性」があると指摘しました。

全暗号通貨の規制の明確化

担保の問題に加えて、委員会は、英国企業による株式やその他の企業証券のトークン化を規制する法律を見直し、これが法的に可能なブロックチェーンやその他の取り決めの数を明確化および拡大するよう立法者に勧告しました。

委員会はまた、暗号通貨の担保法制がオフチェーンおよびオンチェーンの取り決めの違いをどのように区別し、広範な金融市場との相互作用をどのように考慮するかについても、立法者に検討するよう勧告しました。英国首相のリシ・スナクは、英国をデジタル資産の拠点にすることに興味を示しており、これには法律委員会の目標が一致しています。CoinbaseのCEOであるブライアン・アームストロングは、英国が規制の明確化を提供し、仮想通貨の分類に関してアメリカ合衆国ほど法的な問題を抱えていないことを以前に称賛しています。