英政府、仮想通貨の規制可能性を見据えた金融市場法案の推進を進める

イギリス議会上院の議員たちは、国内での暗号通貨の採用を支援するのに役立つ可能性のある法律の制定に取り組んでいます。

6月19日に開催されたイギリス議会上院の会議で、多くの議員が国の金融サービス産業を強化することを目的とした金融サービス及び市場法案の可決を支持しました。この法案は上院での三読みを経て、追加の修正を検討した後に署名される前の最終段階の1つを通過しました。

議員たちは、6月19日の手続きが「法案を効果的にするために」行われた「整理」の一環であると述べ、法案は下院であるイギリス議会の庶民院に戻り、上院が提案した変更を検討することができると説明しています。

「この法案は、将来の規制枠組みの見通しを提供し、規制当局に重要な新たな規制権限を与える一方で、追加の責任を明確に説明し、適切な民主的な参加と透明な監督を実現するものです。」とバロネス・ジョアンナ・ペンは述べています。

#HouseOfLords conducts ‘tidy up’ of the #FinancialServicesBill from 3.15pm before it is returned to @HouseOfCommons to consider Lords changes. Find out more https://t.co/kZYuE22bId Watch online https://t.co/MXe7B0XhMX pic.twitter.com/hPec0CXTm1

— House of Lords (@UKHouseofLords) June 19, 2023

関連記事: Binanceはイギリスの非活発なビジネスの登録をキャンセル

2022年7月にイギリス議会に初めて提出された金融サービス及び市場法案は、Brexitに続く国の金融界における地位を保つことを目的としています。法案の最初のバージョンにはデジタル資産の規制に関する権限が含まれていましたが、上院の最新の修正には暗号通貨産業に関する変更は含まれていないようです。

世界的に暗号通貨の規制が影響を及ぼしているため、企業がどこでビジネスを行うかに影響を与えています。米国当局はCoinbaseとBinanceの両方に対して取り締まりを強化し、両取引所が引き続きビジネスを行う中で法的手続に巻き込まれることになりました。いくつかの企業、Bybitを含め、規制上の動向を明確に引き合いに出してカナダからの撤退を発表しています。

関連記事: 米国の執法機関は暗号通貨関連の犯罪に対して圧力をかけ始めている