英国政府、暗号通貨の没収権を付与することを目的とした法案の推進を進める

イギリスの議会上院の議員たちは、不正目的で使用される仮想通貨を標的とする当局の権限を拡大することを目的とした立法を進めています。

2023年7月4日、イギリス議会の上院で行われた会議で、議員たちは2022年9月に導入された経済犯罪および企業透明性法案の三読を行いました。この法案は、暗号通貨関連の金融犯罪に対する法執行機関の権限を効率化するための取り組みの一環として導入されたものです。上院の議員たちは、最新の読み取りで仮想通貨の取り締まりに関連する変更を提案するようなことはなく、提案は「小さな」または「整理」の修正案として説明されました。

6月27日のバージョンの法案には、既存の枠組みを修正して当局が暗号資産の没収や民事回復をより柔軟に行えるようにする規定が含まれていました。さらに、この法案は、テロの目的で使用されるか、関連する理由で使用されるデジタル資産に対する政府の権限を明確化しました。イギリスの議員たちは、法案が王室の同意によって法律になる前に、すべての修正案を検討する予定です。

#EconCrimeBill の後、議員たちはNHS Long Term Workforce Planに関する声明に続いて政府に質問をしました。オンラインで視聴する https://t.co/EWIxoLzJpC pic.twitter.com/LDqtlyRzSm

— House of Lords (@UKHouseofLords) 2023年7月4日

関連記事: 英国の金融監視当局、マーケティングコンプライアンスの10月の締切をリマインド

3月には、イギリス政府は2023年から2026年の経済犯罪計画の一環として、デジタル資産の不正利用に対抗するために仮想通貨を「堅牢に」規制する意向を示しました。当時、議員たちは、経済犯罪および企業透明性法案を2023年第4四半期までに可決する予定であり、また、金融活動作業部会のトラベルルールの実施に各機関と協力する予定であると述べました。

上院はまた、6月19日に金融サービスおよび市場法案の三読も行いました。この法案は、国内での仮想通貨資産の採用を支援することを目的としており、2023年6月29日に法律として署名されました。

雑誌: 米国の執行機関が仮想通貨関連の犯罪に対して圧力をかけている