「イギリスの裁判所、ビットコインの権利訴訟でクレイグ・ライトの控訴を認める」

UK court upholds Craig Wright's appeal in Bitcoin ownership lawsuit.

7月20日、イギリスの裁判所は控訴を許可し、クレイグ・ライトがビットコインのファイル形式が十分に定義されているため、著作権の保護対象となるかどうかを主張する権利を有すると判断しました。

2016年以来、ビットコイン(BTC)の発明者であると主張してきたライトは、13人のビットコインコア開発者と、Blockstream、Coinbase、Blockなどの企業グループを相手に訴訟を起こし、ビットコインのホワイトペーパー、ファイル形式、およびビットコインブロックチェーンのデータベース権の侵害を主張しました。

この判決は、2月の判決を覆すものであり、その判決では、ビットコインのファイル形式が最初に記録された方法を示すには、ライトの主張が不十分であるとされました。

2月の判決では、「原告は、ここで関与している技術に少なくともある程度の理解を持つ裁判官の前で訴訟提起の許諾申請をすることができた不運だと考えるかもしれません」と記されており、控訴の許可を拒否していました。今週の逆転判決により、ライトはこの件について再び議論を開始します。

7月20日のツイートで、ライトは判決に触れずに次のように書きました。「知的財産の法的保護は、創造者や革新者の権利を保護し、新しいアイデア、発明、創造的な作品の制作を促進するために必要です」と。

2023年7月20日のイングランドおよびウェールズ控訴裁判所の判決。出典:BAILLI。

開発者の法的代理人であるビットコイン法的防衛基金(BLDF)は、ライトが自身がビットコインのホワイトペーパーやデータベースの匿名の作成者であるサトシ・ナカモトであることを証明できていないと主張しています。

BLDFは声明の中で、「ライトは少なくとも2016年以来、この主張を裏付ける証拠を提供していません」と述べ、ライトはサトシ・ナカモトであることを証明しなければならないと付け加えました。この訴訟の3つの主要な主張について判決を下す前に。「この事件は2024年初頭に裁判になる予定です。

ビットコインのコードはMITライセンスの下でオープンソース化され、自由に配布されており、ユーザーはプロプライエタリソフトウェアを含む任意の目的でコードを再利用する権利を持っています。しかし、ライトはビットコインコア開発者が「ビットコインパートナーシップ」として代表されており、ビットコインネットワークを制御する集中化されたエンティティであると主張しています。

BLDFの広報担当者はCointelegraphに対して「彼らは水を濁し、ビットコインの開発がわずかな人々によって制御される集中化プロセスであるように見せかけようとしているようです。これは彼らの訴訟の主張の一つです」と述べました。

BLDFによれば、イギリスの裁判所が彼の主張を聴くことを許している事実は、暗号コミュニティだけでなく、全世界にとって非常に懸念すべきものです。「これは、他の誰かが作成したオープンソースソフトウェアのファイル形式を侵害したことで開発者が訴えられる危険な前例を設けるものです」と述べています。

雑誌:序数がビットコインをイーサリアムの悪いバージョンに変えた- 修正できるか?