「UBSのトークン化されたマネーマーケットファンドがEthereumブロックチェーン上で稼働開始」

UBS launches tokenized money market fund on Ethereum blockchain.

出典: YouTube/UBS

スイスの主要な資産管理銀行UBSは、シンガポールでイーサリアムブロックチェーン上の最初のトークン化されたVariable Capital Company(VCC)ファンドのライブパイロットを発表しました。

公式のプレスリリースによれば、このマネーマーケットファンドは、さまざまな現実世界の資産をブロックチェーンに統合するために構築された広範なVCCアンブレラの一部であると述べています。

UBSのパイロットプロジェクトは、実世界の資産をトークン化するための業界共同イニシアチブであるProject Guardianの一環です。これはシンガポールの中央銀行および金融監督機関であるシンガポール通貨金融庁(MAS)によって管理されています。

VCCファンドは、シンガポールの投資ファンドの法的実体を表し、2020年1月に初めて導入され、シティステートをファンド管理業務の拠点として確立するためのものです。

シンガポールおよび東南アジアのUBSアセットマネジメントの責任者であるトーマス・カーギ氏は、ライブVCCの開始はファンドのトークン化の探索における重要なマイルストーンであると強調しました。

彼はまた、同社のコミットメントを伝え、従来の金融機関やフィンテックプロバイダとのパートナーシップを結び、投資家に対する市場のアクセシビリティを向上させることに貢献すると述べました。

これらの協力関係は、クライアントのための市場流動性の向上に寄与するでしょう。

公式発表によれば、この資産管理銀行は、自社のトークン化サービスである「UBS Tokenize」を通じて、トークン化されたマネーマーケットファンドの制御されたパイロットを展開しました。

ライブパイロットでは、イーサリアムパブリックブロックチェーン上に展開されたスマートコントラクトを介して、購読や償還などのさまざまな活動を処理することができます。

UBSのトークン化領域への参入がさらなる成長を促進する可能性

UBSの最初のパイロット取引が成功裏に展開された後、資産管理会社はProject Guardianの下での提供を拡大し、さまざまな投資戦略を含むパートナーシップに参加する意向です。

ただし、同社はすでにトークン化サービスを通じて分散型金融(DeFi)のポテンシャルなユースケースを探求するための大きな進展を遂げています。

11月3日、UBSは世界で初めて公開市場で取引されるデジタル債券を発行しました。これに続いて、12月には5,000万ドルのトークン化された固定利率ノートが発行されました。

6月9日、UBS Tokenizeプラットフォームが使用され、中国銀行投資(BOCI)によって香港でデジタルストラクチャードノートが発行され、その額は2億人民元(約2,730万ドル)でした。

これらのトークン化されたノートは、イーサリアムブロックチェーン上に作成および展開されました。

UBSのトークン化サービスとVCCファンドは比較的新しいものですが、今後数年間でデジタルアセットの地景およびより広範な金融システムを再構築する可能性があります。