UAE中央銀行が暗号通貨ビジネスのための新しいマネーロンダリング防止ガイダンスを導入-最新情報はこちら

アラブ首長国連邦中央銀行は、水曜日に発表した声明によると、暗号資産ビジネスやデジタルアセットを取り扱う金融機関に対して、新しいマネーロンダリング(AML)およびテロ資金供与防止ガイドラインを導入しました。

この新しい指針は、銀行、為替業者、金融会社、支払いサービスプロバイダー、ブローカー、保険会社などを含むすべてのライセンスを持つ金融機関(LFIs)に適用されます。

アラブ首長国連邦中央銀行の声明によると、新しい指針は、これらの企業がデジタルアセットを扱うリスクを理解し、AMLルールとテロ資金供与(CFT)ルールに従うのを支援することに役立ちます。

具体的には、「潜在的なバーチャルアセットサービスプロバイダー(VASP)の顧客やカウンターパーティに対するLFIsの顧客デューデリジェンスおよび強化デューデリジェンスを概説し、トレーニングプログラム、ガバナンスシステム、記録保持メカニズムでサポートする」という新しい指針が示されました。

新しいルールは7月初めに発効され、アラブ首長国連邦中央銀行の監督と規制枠組みを強化して、マネーロンダリングおよびテロ資金供与を防止することに貢献すると、アラブ首長国連邦中央銀行のガバナーKhaled Balamaは述べています。

アラブ首長国連邦がグローバルな暗号通貨フバになるために努力しています

LFIsがデジタルアセットを取り扱うための新しいガイドラインは、アラブ首長国連邦が暗号通貨業界のグローバルなハブになるための努力として発表されました。

アラブ首長国連邦は1月にデジタルアセットの規制枠組みを導入し、デジタルアセットビジネスと協力していることで知られています。

その結果、多数の主要な暗号通貨企業がアラブ首長国連邦に拡大/移転しています。

これには、UAEを国際的な拠点として検討していると報じられているKocooや、ライセンス獲得のプロセスにあるGeminiが含まれます。

一方、アラブ首長国連邦中央銀行は最近、暗号通貨規制に焦点を当てるために香港の中央銀行である香港金融管理局(HKMA)との関係を強化したことを発表しました。

ただし、UAEでビジネスを展開することにはリスクが伴います。

2022年3月、国際的なマネーロンダリングおよびテロ資金供与防止グループである金融活動作業部会(FATF)は、UAEを「グレー」リストに入れ、その管轄下にあることを意味すると発表しました。

アラブ首長国連邦中央銀行は、デジタルアセットを取り扱うLFIsの新しいガイドラインはFATFの基準を考慮に入れていると述べています。