「UAE中央銀行、未許可の仮想資産サービスプロバイダに制裁を科す」

「UAE中央銀行、許可されていない仮想資産サービスプロバイダに制裁を課す」

アラブ首長国連邦中央銀行(CBUAE)は、国内の他の規制機関と共に、国内で活動する仮想資産サービスプロバイダー(VASPs)に対する新しい共同ガイダンスを最近公表しました。新しいガイドラインには、管轄内で適切なライセンスを持たないVASPsに対する罰則が含まれています。

https://twitter.com/centralbankuae/status/1721415860202438880?ref_src=twsrc%5Etfw

11月6日、国家対マネーロンダリング・テロ資金供与・違法組織委員会(NAMLCFTC)およびCBUAEは、「VASPsの赤信号」と表現されるリストを公表しました。そのリストには、規制ライセンスの不足、現実的でない約束、コミュニケーションの不備、規制情報の開示の欠如など、怪しい当事者を特定するためのさらなる指標が含まれていました。

新たなガイダンスによれば、監督当局は全てのライセンスを取得した金融機関(LFIs)、金融以外の事業および職業(DNFBPs)、およびライセンスを取得したVASPsに対して、怪しい当事者からの取引の報告を期待しています。ガイダンスは次のように述べています。

「ライセンスを取得していない仮想資産の活動に関連する情報は、内部告発機構を通じて報告することができ、規制当局の法執行およびUAE金融システムの保護に貢献します。」

新しい文書では、中央銀行はまた、有効なライセンスを持たないVASPsがUAEで運営している場合、それには「法律上の措置および刑法上の罰金が科される(その他制裁も含む)」と述べています。さらに、文書では、ライセンスを持つVASPs、LFIs、DNFBPsがライセンスを持たないVASPsと取引する意向を示す場合、法執行機関からの措置の対象となることも強調されています。

CBUAEおよびNAMLCFTCの議長であるカリド・モハメッド・バラマ総裁は、プレスリリースで、デジタル資産がよりアクセス可能になってきた時期に新たなガイダンスが登場したと述べ、「あらゆる種類の金融犯罪に対する取り組みが強化されています」と説明しました。これにより、UAEの金融システムの信頼性が確保されるとのことです。

関連記事: 弁護士がアラブ首長国連邦の新しい連邦仮想資産法を解説

このアップデートについてコメントするUAEの弁護士であるイリーナ・ヒーバーは、新たなガイダンスがFATF(金融活動作業部会)の「グレーリスト」からの除外を目指すUAEの広範な取り組みの一環であるとCointelegraphに語りました。このリストは、国が反マネーロンダリング(AML)およびテロ資金供与(CFT)制度の不備を有するが、合意された時間枠内でこれらの問題を解決することを約束したことを示しています。

2022年3月、UAEはFATFのグレーリストに掲載され、AMLおよびCFTの不備により監視が強化されました。しかし、同国はFATFと協力し、AMLおよびCFTの制度を強化することに高いレベルで取り組むことを約束しました。

ヒーバーによれば、UAEは2022年のグレーリストへの掲載以降、重要な改革を実施してきました。AMLおよびCFTの規制枠組みを更新することで、UAEはまもなくグレーリストからの脱退が可能になるかもしれません。「次回のFATFのレビューは2024年4月または5月に予定されており、一貫したコンプライアンスを継続すれば、UAEのグレーリストからの脱退につながる可能性があります」と彼女は付け加えました。

雑誌: スラムドッグ・ビリオネア2: PolygonのSandeep Nailwal曰く、「上位10位…満足感なし」