「サム・バンクマン・フリードにとっての2つの小さな勝利」

Two small victories for Sam Bankman-Fried

水曜日は、サム・バンクマン・フリードにとって新しいお気に入りの日になるかもしれません。

元FTXのCEOである彼と彼の弁護団にとって、連続した挫折が続いた後、ルイス・カプラン判事は昨日は少し寛容な気分だったようです。

あなたは「The SBF Trial」を読んでいます、これはCoinDeskのニュースレターで、サム・バンクマン・フリードが刑務所に入らないようにするための法廷の内部からの日々の洞察をもたらします。直接受け取りたいですか?こちらでサインアップしてください。

かつては称賛された仮想通貨の大物は、裁判中に「エアギャップ」ラップトップを使用してノートを取ることができると、判事は判決で述べた。この裁判は10月3日にニューヨークで始まります。今日は金曜日のジュニアということで、それが何を意味するかについてのGoogle検索は割愛します。

「エアギャップ」とは、ラップトップがインターネットやローカルエリアネットワークに接続されていないことを意味します。このコンピュータは、安全でないネットワークから物理的に分離されており、データはUSBなどを介してのみコンピュータにアップロードできます。言い換えれば、バンクマン・フリードは記録する以外の方法で記者とメッセージを交換したり、証人と連絡を取ることはできません。彼ができることはノートを取ることだけです。

カプラン判事はまた、バンクマン・フリードが法廷でスーツを着ることができると判決しました。これは、彼が8月に拘留されて以来、いくつかの法廷の公聴会で刑務所の制服を着用していた場合に、陪審員の中に潜在的な偏見が生じる可能性があるFTX創設者としてのバンクマン・フリードを、見た目だけで既に有罪の犯罪者として認識するかもしれないという点で役立つかもしれません。

今週はバンクマン・フリードのチームにとって3つの勝利がありましたが、これらの動議は、弁護団が提出したいくつかの要求よりもはるかに重要ではないようです。カプラン判事は以前に彼の裁判の期間中に彼を釈放するという弁護側の請求を却下していましたが、バンクマン・フリードの弁護士たちはまだ釈放のために戦っています。水曜日の午後遅く、検察官は最新の請求に反対し、「被告人が自分の弁護にどのように協力したいかに関する一般的な主張を再利用している」と記載しています。

この請求に関しては、今日午前10時に審理が行われます。

ニコレシュ・デによる編集。