Twitterは、米国の3つの州で送金業者のライセンスを取得しました

イーロン・マスクのTwitterソーシャルネットワークの子会社であるTwitter Payments LLCは、ミシガン州、ニューハンプシャー州、ミズーリ州の申請が承認された後、初めての送金業者ライセンスを取得したようです。

ニュース:Twitterがついに米国のいくつかの州で初めての送金業者ライセンスを確保しました。pic.twitter.com/gziiRgelYU

— T(w)itter Daily News  (@TitterDaily) 2023年7月5日

送金業者ライセンスは、企業が送金サービスや支払い手段を提供することを許可するものです。これは販売を行うためのライセンスとは異なり、企業がお金を送金することを容易にするビジネスに対する消費者保護を提供するものです。

今のところ、Twitter Paymentsがいつ提供されるかについては明確ではありません。同社は全米50州でライセンスの申請を行いましたが、承認プロセスの明確なタイムラインはありません。

関連記事: MetaのTwitterライバル「Threads」は7月6日に開始されるが、暗号通貨コミュニティは動くか?

承認を網羅的に行うと仮定しても、マスクとCEOのリンダ・ヤカリーノはまだ多くの詳細を提供していません。同社の計画に詳しい人々によれば、Twitter Paymentsは最初はStripeやVenmo、PayPalが提供するような法定通貨の取引サービスを提供する予定です。

将来的には、同社は暗号通貨サービスにプラットフォームを開放すると報じられています。また、Twitter Paymentsは「Twitter Coin」というプロジェクトで独自のトークンを提供し、独自のウォレットも公開する予定だと噂されています。

これについてKocooが以前報じたように、これらすべてはマスクが「たくさんの愚かなことをする」と約束したものであり、つまりは「早く動き、ものを壊す」という現代のテックマントラに従うということです。

これらの変更の一部は最善の場合でも分かれる意見を呼び起こしています。Twitterはサイトのレートリミッター(ユーザーが一定期間内に読むことができる投稿の数を制限する機能)をわずか500件に変更しました。

また、最近、投稿を閲覧できるのはTwitterアカウントにログインしているユーザーに限定されるように制限されました。この変更は7月5日(水曜日)に静かに取り消されたとTechCrunchとEngadgetの報告によるものです。