Twitter創設者のJack Dorsey氏が、5百万ドルの投資でビットコイン非営利団体Brinkを支援 – それは何をするのか?

Circleの創設者であるJack Dorsey氏は、$5,000,000をBitcoin非営利団体であるBrinkに投資することを決定し、独立したBTC開発者の支援に資金を提供しました。

Brinkは、ツイートで起業家に感謝の意を表し、$1,000,000ずつ5回に分けて非営利団体に割り当てられると説明しました。

独立したBTC開発者のための資金

ツイートによると、「@jackと#startsmallから私たちの開発者支援に対する非常に寛大な$5,000,000の約束を受けたことを誇りに思っています。Brinkは、次の5年間で年間$1,000,000を受け取ります。#bitcoin開発者をサポートしてくださり、ありがとうございます。」となっています。

これらの資金は、ビジネスマンのSmart Small funding initiativeによって提供され、助成金を通じて独立したBitcoin開発者を支援することを目的としています。

Brinkは、非営利団体に寄付されたすべての寄付金が501(c)(3)の税金控除を受けられ、Bitcoinネットワークの基盤となるBitcoin Coreソフトウェアのビルド、セキュリティ、テスト、およびレビューに関与する独立したBitcoin開発者に必要なサポートを提供するために寄付金の100%が使用されると述べています。

「Brinkは、基本的な研究開発を通じてBitcoinプロトコルとネットワークを強化し、資金提供、教育、およびメンタリングを通じてBitcoin開発者コミュニティを支援することを目的としています。私たちはフェローシッププログラムを通じてオープンソースBitcoin開発の新しい貢献者をサポートし、助成金プログラムを通じて確立されたBitcoinプロトコルエンジニアの作業を支援しています。」と非営利団体は述べています。

フェローシップイニシアチブに関して、Brinkは、優れたソフトウェアエンジニアをBitcoinプロトコル開発にオンボードする1年間の集中プログラムと説明しています。

「Brinkフェローとして、あなたは私たちのエンジニアリングチームと他のBrinkフェローと一緒に1年間仕事をします。あなたはコンセンサス、ピアツーピアネットワーキング、ウォレット、暗号化を含むBitcoin Coreシステムのすべての側面を学びます。あなたは効果的なオープンソース貢献者になり、最初の日からプロジェクトに貢献し始めます。」と非営利団体はサイトで述べています。

「フェローシップの終了時には、Bitcoin Coreまたは他のオープンソースプロジェクトに高品質で高影響力のある貢献の履歴があり、オープンソースBitcoinキャリアを続けるための資金または雇用を求めるために非常に良い立場にあります。」とBrinkは述べています。

Brinkが授与するBTC開発者助成金は、Bitcoin Coreのビルド、セキュリティ、テスト、およびレビューに焦点を当てた開発者に資金を提供することを目的としています。非営利団体は、助成金受給者がBTC開発者の教育リソースであるBitcoin Optechや、週刊Bitcoin PR Review Clubの運営を支援すると述べています。Brinkが促進するその他の活動には、Summer of BitcoinやQalaのジュニア開発者向けのメンタリングなどがあります。

John Pfeffer氏とWences Casares氏の資金援助により2020年に設立されたBrinkは、個人や組織からの寄付によって100%資金提供されていると述べています。