トルコリラの下落にもかかわらず、トルコのインフレは回復しています

トルコリラの再選後の下落にもかかわらず、トルコのインフレ率は回復の兆しを見せています。

トルコ統計研究所の発表によると、トルコの消費者物価指数(CPI)は6月に前月比3.92%上昇しました。さらに、前年比でトルコのインフレ率は38.21%上昇しましたが、これはロイターの予測(39.47%)よりわずかに低い数字です。

世界基準ではまだ高い水準ですが、この数値はロイターの予測(4.84%)よりも低く、5月の0.04%の上昇と比べて大幅な上昇を示しています。

CPIの成長に寄与しているさまざまなカテゴリーの中で、タバコとアルコール飲料の価格が最も大きく上昇し、11.13%増加しました。これらの商品の価格の著しい上昇は、月間のCPIの読みに影響を与えた可能性があります。

また、レストランとホテル部門の価格も4.31%増加し、全体のインフレ率に寄与しています。

トルコにおける経済危機の対処

近年、トルコは頑固な高インフレ率に悩まされており、市民の購買力を悪化させ、経済全体に負担をかけています。ウェルズ・ファーゴの新興市場エコノミスト兼FXストラテジストであるブレンダン・マッケナは、以前のレポートで、リラが1ドルに対して23まで下落する可能性があると予測しました。

しかし、トルコ政府はインフレに対抗するためにさまざまな対策を実施しています。

経済の課題に取り組むため、トルコのレジェップ・タイイップ・エルドアン大統領はメフメト・シムシェクを新しい財務・経済相に任命しました。市場に好意的な政策で知られるシムシェク氏は、国内の経済的困難に対処するために安定をもたらし、対策を実施することが期待されています。

さらに、中央銀行は先月、国の主要な金利を8.5%から15%に引き上げました。中央銀行は、インフレ状況が改善するまで引き続き段階的な金融引き締めを行うという姿勢を確認しました。

トルコのインフレ:アナリストが意見を述べる

この予想外の動きは、経済学者やアナリストの注目を集め、トルコのインフレ率の動向に影響を与える要因や国の経済見通しに関する議論を引き起こしました。

Conotoxiaの市場アナリストであるバルトシュ・サヴィツキは、「楽観的な理由はほとんどない」と述べ、慎重な姿勢を示しました。サヴィツキ氏の見解は、最近のインフレ率の緩和にもかかわらず、トルコの経済状況に対する慎重なスタンスを反映しています。

サヴィツキ氏は、トルコリラの最近の急落が経済に逆効果をもたらし、コスト圧力を再燃させていると指摘しました。これは、通貨の弱体化が輸入品の価格上昇や企業の生産コストの上昇につながるため、インフレ圧力を引き起こす可能性があるという考えと一致します。

一方、ブルーベイ・アセット・マネジメントのシニアEM主権ストラテジストであるティモシー・アッシュは、選挙後のトルコリラの大幅な下落を考慮すると、インフレ率はもっと高くなる可能性があったと指摘しました。

また、アッシュ氏は、インフレを管理するために適切な政策を実施する中央銀行の役割の重要性についても指摘しました。