TrueUSD(TUSD)は、Prime Trustによる預入および引き出しの一時停止に影響を受けていません

ビットコインウォレットのBitGoによる、フィンテック及びデジタルアセットインフラプロバイダーのPrime Trustの買収失敗後、Nevadaに拠点を構える同社は出金及び入金の停止に直面しています。その結果、全てのPrime Trustの顧客が現在手詰まり状態にあります。しかし、TrueUSD (TUSD) ステーブルコインのチームは、すべての資金が安全であり、金融的な被害には遭っていないことから、TUSDは高い流動性を維持し、全てのトークンが1:1でアメリカドルに換金可能であることをユーザーに保証しています。

TrueUSDは、暗号通貨の領域において信頼性のあるパートナーであり続けることをユーザーに保証しました。6月10日には、TUSDの発行がPrime Trustプロトコルを介して利用できなくなることが発表されました。ただし、暗号通貨愛好家のAdam Cochran氏が同社がユーザーに異なるメッセージを送信していることを明らかにした後、混乱が生じました。

ですから、TUSDはPrime Trustに被害がないと言いましたが、ユーザーにはPrime Trustのためにもう発行や換金はできないというメールを送っています。

Nevadaの規制当局は、Prime Trustが破綻し、ユーザーの預金に対応できないと考えています… pic.twitter.com/dww3dqFiea

— Adam Cochran (adamscochran.eth) (@adamscochran) June 22, 2023

これに対して、TrueUSDはTwitterのユーザーにカスタマーサポートへの連絡を勧め、より多くの人々の注目を集めることとなりました。特に、Cochran氏は、TUSDの使用をやめ、手数料のかからないステーブルコインを促進するようBinanceに呼びかけました。それでもなお、TrueUSDステーブルコインはアメリカドルにペッグされ、通常通り取引されています。また、同社は他の銀行パートナーが通常通り稼働していること、発行プロセスに影響がないことをユーザーに保証しています。

「TUSDの発行及び換金サービスは影響を受けず、通常通り稼働し続けます。私たちは、他の銀行機関とのパートナーシップが維持されており、シームレスな取引が可能であることを保証します」と同社は説明しています。

TrueUSD(TUSD)と暗号通貨市場の見通し

Binance支援のCoinmarketcapによる最新の暗号通貨市場データによると、TrueUSD(TUSD)の総時価総額は約31.4億ドル、24時間取引高は約26億ドルでした。TrueUSD(TUSD)ステーブルコインは、Ethereum、TRON、Avalanche、BSC、Fantom、Polygonなど、いくつかのトップチェーンで利用可能です。そのため、ステーブルコインは、トップのDeFiプロトコルだけでなく、Binance、Bitrue、Bitget、BitMart、Phemexなどの中央集権的な取引所でも取引可能です。

TrueUSDステーブルコインは、Dominicaで公式チェーンであるTronネットワーク上で稼働していることから、大きな恩恵を受けています。さらに、Dominicaを通じて、Tronベースの暗号通貨アセットは、その地域でより多くのユーティリティと規制的な明確さを達成しています。

暗号通貨市場でステーブルコインを使用することは、特に過激な変動期には非常に重要です。しかし、Terra USTの崩壊に続き、世界中の政府は業界を規制するために介入しました。その結果、多くの国々は中央銀行のデジタル通貨(CBDC)を導入するプロセスにあり、安全なデジタル市場の採用を支援しています。