トレンド中の仮想通貨コイン – Pepe 2.0、Refund Token、Safemoon 3.0、Shib 2.0

金曜日には、ブロードな仮想通貨市場のセンチメントが打撃を受け、ビットコイン(BTC)は約1.5%下落し、最近のスポットビットコインETFの申請が「不適切」と米国証券取引委員会(SEC)から通知されたことにより、再び30,000ドル台の低水準に戻りました。

市場の下落は過剰反応かもしれませんが、SECの懸念事項は単純な再申請手続きで対応できる可能性があります。

いずれにしても、このニュースは主要なオルトコインやミームコインの上昇トレンドに影響を与えています。

ビットコインの代替通貨は引き続き上昇しており、過去24時間でeCash(XEC)は55%以上上昇し、Bitcoin Cash(BCH)は21%以上上昇し、Litecoin(LTC)は13%以上上昇し、Bitcoin SV(BSV)はほぼ10%上昇し、Zcash(ZEC)は約9%上昇しました。

一方で、人気のミームコインの2.0バージョンも金曜日に注目されています。

以下は、Decentralized Exchange(DEX)の分析ウェブサイトDEX Toolsによる最も注目されているペアです。

Shib 2.0(SHIB2.0)

オリジナルのSHIBは苦戦を続けていますが、Shib 2.0(SHIB2.0)は3日前のDEXローンチ以来の急騰を続けています。

SHIB2.0の最終取引価格は0.003ドルを上回り、DEXローンチ価格の0.000003ドル以下に比べて驚異的な1000倍以上の上昇となっています。

ブルズはこのミームコインを0.007ドルの過去最高値に押し上げることを期待しています。

まだ市場規模はわずか300万ドルを超えるに過ぎないため、SHIB2.0はまだ大幅に上昇する余地があります。

DEXToolsでSHIB2.0をご覧ください。

Pepe 2.0(PEPE2.0)

SHIB2.0と同様に、Pepe 2.0(PEPE2.0)も引き続き上昇しています。

PEPE2.0の最終取引価格は0.00000007ドルをわずかに上回り、DEXローンチ価格の0.00000000001ドル(はい、ゼロが10個です!)からの驚異的な7000倍以上の上昇となっています。

ただし、Pepeのコピーキャットは現在3000万ドルの市場規模を持っており、今後の上昇余地はやや限られてくるかもしれません。

DEXToolsでPEPE2.0をご覧ください。

Pepe(PEPE)

今年ローンチされた市場時価総額最大のミームコインであるPepe(PEPE)が、過去24時間で約500万ドルの取引高を記録し、トップ5のトレンドコインに再び登場しました。

PEPEは週間レンジ内の0.0000015ドルで推移しており、先月の安値に比べて驚異的な2倍近く上昇しています。

DEXToolsでPEPEをご覧ください。

Refund Token(RFD)

5月の歴史的な高値から急落したRefund Token(RFD)は、金曜日に回復を試みています。

ただし、現在の価格はわずか0.000008ドルであり、トップで購入した投資家はまだ90%以上の損失を被っています。

DEXToolsでRFDをご覧ください。

SafeMoon 3.0(SFM3.0)

SafeMoonのコピーキャット版であるSafeMoon 3.0(SFM3.0)は、DEXローンチ価格から既に6倍以上の利益を上げています。

SFM3.0 は最後の取引価格が$0.00000003を超えており、$0.000000005 でローンチされました。

この新しいコインは、まだ市場キャップが約$100,000と非常に小さいにも関わらず、既に$1.5 million以上の取引量を見ています。

SafeMoon 3.0 は既に流動性をロックしており、ラグプルの懸念を軽減しています。

DEXTools で SFM.30 を訪れてください。