「国はCBDCをサポートするための法的枠組みを設定すべき:BISのトップ」

Top of BIS The country should establish a legal framework to support CBDC.

国際銀行である国際決済銀行(BIS)の総裁であるアグスティン・カルステンスは、国は中央銀行デジタル通貨(CBDC)の導入を支援する法的枠組みを整備すべきだと述べました。

国際通貨基金(IMF)の2020年の論文によれば、中央銀行の約80%は、既存の法律の下でCBDCを発行することが許されていないか、この問題について明確さを欠いた法的枠組みを持っています。

「これは是正されるべきです。一般の人々は、自分たちのニーズと期待に応える形式のお金を正当に要求しています」とカルステンスはスイスでの会議で述べました。

彼はさらに、世界中の中央銀行がCBDCの技術的および運用上の要件を探索し、対処していると述べました。BISの調査によれば、2022年には中央銀行の93%が何らかの形でCBDCの開発に取り組んでいました。BIS自体も複数のCBDCの実験を行い、国がCBDCの設計に協力するよう呼びかけています。

「不明確または時代遅れの法的枠組みがその導入を妨げることは単に受け入れられません。これらの問題に対処するための取り組みは真剣に始める必要があります。そして、スピードを持って進める必要があります」とカルステンスは述べました。

編集:パリクシット・ミシュラ。