TONは、そのブロックチェーン上でのメッセージの暗号化機能を導入しました

TON Foundationは、そのブロックチェーンにエンドツーエンドのメッセージ暗号化機能を導入しました。この追加機能により、ネットワークのユーザーは情報にアクセスできる第三者なしで、互いにプライベートメッセージを送信することができます。このローンチは、現在ネットワークを開発しているチームであるTON Foundationによって2022年7月3日に発表されました。

もともとTONは、TelegramチームによってTelegram Open Network(TON)というオープンネットワークとして作成されました。しかし、2020年には、Telegramはアメリカ証券取引委員会との問題が原因でプロジェクトを停止しました。

Telegramの撤退後、ソースコードは他の開発者に自由に利用できるようになりました。2021年までに、TONコミュニティは約30,000人のユーザーに成長し、ネットワークはTONクリスタル(またはTONとも呼ばれる)を利用してネットワークへの貢献者に報酬を与えるようになりました。

Telegramの撤退後、TON Labsがネットワークの主要な開発者となりました。彼らはプロジェクトに取り組み続け、他のWeb3プロジェクトに対して優位性を持たせるためにスケーラビリティ、トランザクションスループット、分散化の改善に重点を置いています。

TONのプライバシーを強化するためのエンドツーエンド暗号化の導入

ネットワークの初期機能を超えて、新たに導入された機能により、メッセージが最も保護された方法で送信され、意図した受信者のみが利用できるようになります。

TONブロックチェーン上でトランザクションを行う際、ユーザーはテキストメッセージを含めることができ、その情報が安全であることを期待できます。エンドツーエンドの暗号化により、開発者や政府を含む他の誰もがメッセージにアクセスできないようになります。

TON Foundationはプレスリリースで次のように述べています:

「Open Networkでは、Toncoin、Jettons、またはNFTを送信する際に、受信者に任意のテキストコメントを含めることが常にできました。例えば、「コーヒーのため」や「ギフト!お誕生日おめでとう!」などです。新しいアップデートでは、トランザクションと一緒にメッセージを送信する際にテキストを暗号化することができます。この機能はエンドツーエンドの暗号化を使用しており、送信者と受信者のみがメッセージを表示できます。」

開発者は、TONの安全なメッセージングソリューションが従来のコミュニケーション手段に影響を与える問題が発生した場合に信頼できるコミュニケーションオプションとなる可能性があると考えています。これは、ネットワークが望ましい露出を提供する可能性のある好機を逃さない準備ができていることを示しています。

ネットワーク上でのトランザクションは、依然として0.006 TONというわずかなコストで行うことができ、MyTonWalletやOpenMaskなどのウォレットもすでに対応しています。将来のアプリのアップデートを通じて、TONモバイルやTonkeeperウォレットにも追加される予定です。

多くのブロックチェーンソリューションは新しいものであり、さまざまな形のイノベーションを経ています。TONネットワークへのエンドツーエンドの暗号化の追加は、ブロックチェーンエコシステムへの良い追加であり、トランザクションのための安全なメッセージング機能が必要な場合に役立つオプションとなる可能性があります。