トム・ブレイディと他の有名人が暗号通貨の暴落を乗り越える

暗号通貨市場が回復しても、昨年の多くの業界の災害や詐欺に無知ながら手助けした有名人たちは依然としてその痛手を感じています。

たとえば、トム・ブレイディは2021年6月に倒産した暗号通貨取引所FTXとのエンドースメント契約を結んだ後、FTXの投資家による「誤解を招いた」という主張に直面しています。訴訟には他にもラリー・デイビッド、デビッド・オルティス、ゴールデンステート・ウォリアーズなどの有名な名前が含まれています。FTXは2022年末に破綻し、先週、会社の破産チームが顧客が87億ドルの負債を抱えていることを確認しました。

ブレイディなどの代表者も被害を受けており、彼が取引所の宣伝のために受け取った3000万ドルは現在ほぼ無価値です。さらに悪いことに、その取引の条件によって、彼はその株式に対して税金を支払う義務があるかもしれないと、その取引に詳しい人々は述べています。

FTXの元パートナーシップ責任者であるシナ・ナダーは、有名人やアスリートなどを取引所と提携させる責任があったとニューヨーク・タイムズに語りました。彼は自らの恥をかかせた上司であるサム・バンクマン・フリードが作成した、同社を代表することを想定したスーパースターのリストを思い出し、その中でブレイディの名前が一番上にあったと述べました。

昨年以来、トム・ブレイディは自身の暗号通貨ベンチャーであるAutographでも苦しんでいます。Autographはセレブリティがファンに自身のNFTを販売するために2億ドルを調達しました。同社の財務に詳しい人物によれば、2022年の収益の低迷に直面して、同社はNFTに焦点を当てるのではなく、一般的なセレブリティの忠誠心を育むことに戦略を転換しました。

他の有名人はどうなっていますか?

「シャークタンク」のスターであるケビン・オレアリーもブレイディに続いてFTXの宣伝のために1500万ドルを受け取りました。彼も以前と同様、報酬の一部がビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ソラナ(SOL)などの暗号通貨で支払われましたが、これらはすべて取引所で失われました。

バスケットボールの伝説であるシャキール・オニールは、ブレイディや他の有名人に対する訴訟で数か月間検察から逃れることができましたが、4月に自宅の外で法的書類が手渡されました。5月には、彼が創設し宣伝しているソラナベースのNFTプロジェクト「アストラルズ」に関して、訴訟は「未登録の証券」を含むと述べました。

米国証券取引委員会(SEC)はキム・カーダシアンに対して、昨年彼女が暗号トークンEthereumMaxの宣伝を行わなかったことに対して126万ドルの罰金を課しました。3月には、SECがリンジー・ローハンやジェイク・ポールなど他のスターにも同様の告発を行いました。

一部の議員は、セレブリティの動向に対するSECの「選択的な」執行措置について批判し、より有害なアクターに対しても同様の措置を取るべきだとしています。