今日の仮想通貨ニュース:新韓銀行がHederaネットワーク上でステーブルコインの決済をテスト、マラソン株主がCEOやトップ幹部に対して訴訟を提起、CronosがUbisoftと提携

Today's cryptocurrency news Shinhan Bank tests settlement of stablecoins on the Hedera network, Marathon shareholders file lawsuits against CEO and top executives, Cronos partners with Ubisoft.

出典:AdobeStock / Punkbarby

仮想通貨およびブロックチェーン関連ニュースの短く要約された情報を毎日お届けします。本日の仮想通貨ニュースで注目されていないストーリーを探索します。__________

ステーブルコインニュース

  • 韓国のShinhan Bankは、Hederaの分散台帳技術を使用したステーブルコイン送金決済の実現可能性テストを完了しました。プレスリリースによると、ステーブルコイン送金の概念実証(PoC)パイロットは、現行の製品能力に合致するテスト環境で、タイバーツ(THB)、新台湾ドル(NTD)、韓国ウォン(KRW)の間でリアルタイムな決済とリアルタイムな外国為替(FX)レートの統合を実現しました。PoCはEVM互換性があり、今後、EVMベースのステーブルコイン発行者はフレームワークを使用して参加できると述べています。
  • 米国の仮想通貨マイニング企業Marathon Digitalの株主は、CEOのFred Thielと他の9人の最高経営責任者に対して、米国証券取引法の違反、信託義務違反、不当な利益の供与、企業資産の浪費などを非難する訴訟を提起しました。原告は、Thiel、Merrick Okamoto、Simeon Salzman、Hugh Gallagherに対して、会社に対する米国証券取引委員会(SEC)の苦情につながる不正行為に対する潜在的な貢献を求めています。株主の弁護士は特定の金額を要求していないため、補償額は裁判所の決定に委ねられます。

ブロックチェーンニュース

  • Cronosは、EthereumとCosmosエコシステムと相互運用可能なブロックチェーンで、ビデオゲームの開発者およびパブリッシャーであるUbisoftとの新しいパートナーシップを発表しました。アナウンスによると、UbisoftはCronosエコシステムにノードバリデーターとして参加し、ブロックチェーンのガバナンスやネットワークのアップデートの承認に貢献すると述べています。Ubisoftは、ネットワークの安定性とセキュリティを確保するための27人の他のノードオペレーターのプールに参加します。この動きにより、Ubisoftは「Strategic Innovation Lab」を通じてブロックチェーン技術の探求を続けます。同ラボは、革新的な技術が提供する機会を探索することにより、Ubisoftが将来に備えるための支援をすることを使命としています。
  • NEAR Foundationは、Ethereum Climate Platformに参加し、「Web3の持続可能性への継続的な取り組みの重要な証明」と述べたプレスリリースを発表しました。COP27で、ConsenSysとクライメイトテック企業Allinfraは、デカーボナイゼーションと気候行動のスケールを加速するテクノロジーカンパニーのグループであるEthereum Climate Alliance(ECA)を発表しました。ECAは、ブロックチェーンベースのテクノロジープラットフォームを共同で構築するためのイニシアティブであり、分散化されたコミュニティを動員して気候ファイナンスをスケールアップすることを目指しています。発表では、「ECPは、2015年のネットワークの開始以来のEthereumベースの炭素フットプリントを是正し、打ち消し、発射パートナー自身のデカーボナイゼーション戦略を加速することにコミットしています」と述べています。

取引所ニュース

  • Bitgetは、四半期の透明性レポートを発表し、スポット取引の取引高が600億ドルを超え、先物取引が6060億ドルに達したことを強調しました。プラットフォームは、累積スポット取引量が44.8%減少し、デリバティブが14.6%減少したことで、多くの中央集権取引所を上回ったと述べています。TokenInsightのQ2レポートによると、取引所は、市場全体の85%以上を占める上位4つの取引所の中に位置しており、スポット市場ではBitgetのシェアがQ2で6%に倍増し、デリバティブ市場では前四半期と比べて12.5%の増加を見せ、Q2の終わりまでに270億ドルに達しました。

ゲーミングニュース

  • Crucibleは、Unreal Engine上のゲーム開発者向けにEmergence SDKのローンチを発表しました。このソフトウェア開発キットは、Open Meta Associationと共同で開発され、既に3万3千回以上のダウンロードがあり、アクティブなUnreal開発者の3%が採用していると発表されました。Emergence SDKは、EVM互換のチェーン上で素早くゲーム体験を構築することができ、相互運用可能なアバター、使いやすいスマートコントラクト、統合されたウォレット、チェーン上のインベントリサービスなどの機能を提供します。ユーザーはアバターやインベントリなどのゲーム内アイテムを所有し、これらは異なる世界間で相互運用可能です。

支払いニュース

  • 支払い技術会社ConnexPayは、英ポンド(GBP)とユーロ(EUR)の通貨を導入することを発表しました。プレスリリースによると、同社はすでに多くの国際的な顧客を持っており、これによりGBPとEURで取引が可能になります。同社は数年間にわたってヨーロッパ市場で運営してきたが、この発表によりヨーロッパ企業は自国の通貨での支払いの受け取りと送金が柔軟に行えるようになったと述べています。ConnexPayは現在、数十億ドルの取引高を処理しており、最近、セクターに特化した投資家FTV Capitalを中心とした1億1000万ドルの成長エクイティ投資を受けたと述べています。