今日の仮想通貨ニュース:韓国が仮想通貨利用者保護法を可決、Poly Networkの攻撃が10のブロックチェーン上で57の暗号通貨に影響、仮想通貨マイナーはAIに転換しています

仮想通貨およびブロックチェーンに関連するニュースのデイリーダイジェストを手に入れましょう。本日の仮想通貨ニュースの注目されていないストーリーを調査します。__________

規制ニュース

  • 韓国は金融投資家保護を促進するため、初めての独立したデジタル資産法案を承認しました。ブルームバーグによると、議会は遅延の後、仮想資産利用者保護法を可決しました。この法案は19の仮想通貨関連法案を統合し、デジタル資産を定義し、非公開情報の利用、市場操作、不公正な取引行為などの違反に対して罰則を課します。この法案により、金融庁は仮想通貨事業者および資産管理業者を監督する権限を与えられ、韓国銀行はそのようなプラットフォームを調査することができるようになります。
  • タイの証券取引委員会(SEC)は、投資家保護を重視したデジタル資産サービスプロバイダーに対する新しい規則を発表しました。新しいガイドラインでは、サービスプロバイダーが顧客の資金を貸し出しや投資に使用することを禁止し、仮想通貨取引のリスクを強調する警告メッセージの表示をデジタル資産サービスプロバイダーに義務付けています。SECは仮想通貨の貸付サービスを禁止し、プラットフォームが預けられた仮想通貨に対して任意の利回りを提供することを禁止しています。

セキュリティニュース

  • 7月2日、Poly Networkは攻撃者がクロスチェーンブリッジプロトコルのスマートコントラクト機能を操作した被害者になったことを確認し、サービスを一時停止すると発表しました。「さらなるリスクを最小限に抑えるため、私たちはほとんどのプロジェクトチームに連絡し、分散型取引所から流動性を迅速に引き出すように促しています」と述べました。チームはさらに、この攻撃により、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Avalanche、OKXなど、10つのブロックチェーン上の57種類の仮想通貨が影響を受けたことを明らかにしました。ブロックチェーンセキュリティ企業のPeckShieldによると、攻撃者は少なくとも500万ドル相当の仮想通貨を盗んだと報告されています。PeckShieldは「攻撃者はPolyNetworkのロックプロキシから約300万ドル相当のUSDCを抜き取り、既に1,557,000 ETHに交換しました」とも述べています。
  • ブロックチェーンセキュリティ企業のPeckShieldによると、盗まれた非代替可能トークン(NFT)の半数が、OpenSeaBlurなどのさまざまなマーケットプレイスで160分以内に売却されると報告されています。「盗まれたNFTのうち、最初にblur_ioで売却された割合は86%で、次いでopenseaが13.76%でした」と述べています。ただし、6月には盗まれたNFTの総額が227万ドルになり、前月比で23%減少したことも発見されました。

マイニングニュース

  • ウォールストリートジャーナルによると、仮想通貨マイナーはAI産業での機会を求めています。人工知能の台頭を支える高性能チップへの需要の急増は、仮想通貨マイナーに新たな活路を与えています。例えば、仮想通貨の上昇時には、Satoshi Spainはパワフルなグラフィックスチップを搭載した数百台のマイニングリグを販売およびリースしましたが、マイニング通貨の減少により多くのマシンが昨年からアイドル状態になったため、このスペインの企業は顧客にマシンをAI用に再設定する手助けを始めました。

投資ニュース

  • TON Foundationは、The Open Network(TON)をサポートする非営利団体として、ネットワーク上でメッセンジャーの暗号化を統合することを発表しました。「トランザクションと一緒に送信されるテキストには、プライバシーを保護するためのセキュリティ機能が備わっており、ユーザーに安心感を提供します」とプレスリリースで述べています。メッセージの閲覧は、送信者と受信者のみが可能です。TONを介したメッセージの送信にかかるネットワーク手数料は、トランザクションあたり約0.006 Toncoin(TON)です。