今日の暗号通貨:Google Cloudが特定の顧客に対して最大100万ドルの暗号マイニング攻撃に対する報奨金を提供、MiCAが公式に発効するまでのカウントダウンが開始される、香港が小売り用CBDCの実装の基盤を築く

仮想通貨やブロックチェーン関連のニュースを、日々の一口サイズでお届けします。今日の仮想通貨ニュースでは注目されていない話題について掘り下げます。__________

セキュリティニュース

  • Google Cloudは、新しいCryptomining Protection Programを発表し、クリプトマイニング攻撃に対して最大100万ドルの保護を提供します。「このサービスは、Security Command Center Premiumの顧客にとって、未検出のクリプトマイニング攻撃に関連する不正なGoogle Cloudコンピュート費用をカバーします。このプログラムで発行されるクレジットの最大額は、12か月間において1百万米ドルを超えることはありません」と発表されています。

規制ニュース

  • 欧州連合の画期的な仮想通貨市場(MiCA)法が、金曜日に欧州連合公報(OJEU)に掲載され、法案が正式に承認され、新しい規則が発効するカウントダウンが始まりました。この法律は20日以内に施行され、その規定は2024年12月30日に適用されます。

CBDCニュース

  • 香港金融管理局(HKMA)は、小売中央銀行デジタル通貨(rCBDC)の実装のための基盤を整備し始めると発表しました。金曜日に発表された報告書によると、「2回の市場調査の意見や研究により、このような資産の実装の可能性を少なくとも開拓することが必要であるとHKMAは判断した」としています。「HKMAは、rCBDCの実装および適用の基盤を整備し、詳細な研究やパイロット実験を実施するための準備を開始します」と述べています。

マイニングニュース

  • Hut 8 Miningは、カナダ・アルバータ州ドラムヘラーのサイトでの損傷した設備の修理が、電力不足や設備の故障のため、想定よりも長い時間を要していると述べました。「設備を復旧するための課題があるため、5月8日に伝えられた復旧のタイムラインの見積もりには達しないと判断しました」と同社は述べています。同社は、5月31日に147ビットコインをマイニングし、5月にはBTC 179を売却し、総収益は680万ドルであったと述べています。

取引所ニュース

  • OKXは、3月から5月にかけて約2億5800万ドル相当のOKBトークンを焼却したことを発表し、同社史上3番目に高い焼却となりました。報告によると、今回の20回目の焼却では、二次市場から買い戻されたOKBの総数は約550万であったとしています。「今日までに、総計6,404,231.47 OKBを焼却しました。現在の流通量は235,957,685.30 OKBです」と述べています。OKXは、マンチェスター・シティ・フットボール・クラブの公式暗号通貨取引所パートナーであり、土曜日にイスタンブールのアタテュルク・オリンピック・スタジアムでインテル・ミラノと対戦する前に、選手たちがOKXトレーニングキットを着用すると発表しました。「決勝戦は、OKXのマンチェスター・シティとの2回目の成功したパートナーシップの締めくくりにふさわしい」と同社は述べています。

投資ニュース

  • ブロックチェーンベースの保険マーケットプレイスNaymsは、Ethereumネットワーク上でNayms Marketplaceを立ち上げたと発表しました。同社によると、最初の完全資本化された保険プログラムがマーケットプレイス上で開始されたとしています。「さらに、Naymsは、最初の分離された口座で50万ドルのUSDCを調達し、年平均約15%のターゲットリターンを目指した」とプレスリリースで述べています。