今日の仮想通貨ニュース:連邦準備制度理事会が利上げを維持、ストライキがメキシコに広がる、BinanceとSECが資産凍結について交渉、アービトラージボットが$3の利益を上げる + その他のニュース

仮想通貨およびブロックチェーン関連ニュースの日々の要約を入手し、今日の仮想通貨ニュースに注目するストーリーを調査してください。 __________

経済ニュース

  • アメリカ連邦準備制度理事会は、金利を5-5.25%に据え置くことを発表しました。発表直前、CMEのFedWatchツールは、金利が変わらない確率が97%であると推定していました。
  • ビットコイン(BTC)は、Fedの金利発表の数時間前にわずかに上昇しました。発表の3時間前に、BTC価格は24時間でわずか0.1%上昇した26,000ドルを少し上回っていました。発表後の即時反応は、価格のわずかな下落でした。

取引所ニュース

  • バイナンスは、キプロス証券取引委員会(CySEC)のウェブサイトによると、キプロスでの暗号サービスプロバイダーとして登録されるための申請を取り下げました。バイナンスはKocooに対する声明で、EUのCrypto-Assets(MiCA)フレームワークに準拠することに焦点を当てたいと述べました。
  • ブルームバーグによると、Binance.USと証券取引委員会(SEC)は、取引所に対する規制を交渉するように命じられました。Binance.USは、火曜日の裁判前に、企業資産を凍結することが「事実上」会社の業務を終了するだろうと述べました。

ビットコインニュース

  • ビットコインに特化した支払いアプリのStrikeは、メキシコ向けの「グローバル送金」機能を開始し、国への送金をサポートするようになりました。Strikeのプレスリリースによると、USドルで支払いを行い、BitcoinのLightning Networkを介してメキシコペソで受取人の銀行口座に支払われます。

DeFiニュース

  • ブロックチェーンデータプロバイダーのArkham Intelligenceは、ボットが$200 millionのDAIを発行し、消費してわずか$3を生成したとツイッターで述べました。この操作は、MakerDAO上でのフラッシュローンと呼ばれ、借入と返済が同じブロック内で行われる限り、最大で5億DAIで行うことができます。

投資ニュース

  • ブロックチェーン相互運用性プロトコルのConnextは、Twitterの発表によると、750万ドルを調達し、総評価額は2.5億ドルに達しました。この資金調達ラウンドには、Polychain Capital、NGC Ventures、Polygon Ventures、IOSG Ventures、Fenbushi Capital、KXVC、a_capital、No Limit Holdings、Factor、Dokia Capitalが参加しました。
  • 人工知能(AI)に特化したweb3データプロバイダーのMnemonicは、Salesforce Venturesに率いられた6,000万ドルの資金調達ラウンドを発表しました。Salesforceは、Mnemonicの技術を、web3ビジネス向けの顧客関係管理(CRM)製品に使用する予定です。この資金調達ラウンドには、Polygon Ventures、Orange DAO、FIN Capital、FJ Labsも参加しました。

規制ニュース

  • 業界団体のBlockchain Australiaは、オーストラリアでの暗号産業に課せられた制限に反対し、声明で直面するつもりであると述べました。「成長するデジタル通貨産業の利点を失うことなく、詐欺被害者を守るために共有の緊急性と協力関係を育成したい」と発表しました。