米国司法省は、報道によるとビットコイン(Binance)と40億ドルで和解する準備が整っていると伝えられています

米国司法省は、報道によるとビットコイン取引所Binanceとの40億ドルの和解の準備が整っていると伝えられています

アメリカ司法省は、Binanceとの交渉を行っており、同社の調査を解決しようとしていると、11月20日のブルームバーグの報道によると、関係者が明らかにした。合意内容は、Binanceが40億ドルの罰金を支払うことを要求するものである。その代わりに、同社は米国の法律を順守しながら営業を続けることが許される。報道によれば、合意の発表は「月末までに行われる可能性が高い」とされている。

合意の一環として、BinanceのCEOであるChangpeng Zhao(通称「CZ」)は「疑わしいマネーロンダリング、銀行詐欺、制裁違反」の調査の一環として刑事告発の可能性に直面することになる。報道によれば、CZは現在、アラブ首長国連邦(UAE)に滞在しており、米国との引渡し条約が存在しないことを意味している。これは、米国で提訴された場合、CZの逮捕は起こりにくいということを示唆している。

関連記事: Binanceの事件での文書封印は刑事捜査を示している可能性がある

報道によれば、Binanceは「執行猶予付きの起訴協議」を求めているとされている。この取引の条件として、司法省は刑事告訴を行うが、条件を満たす限り、実際に同社を起訴しないこととなる。

まず、Binanceは40億ドルの罰金を支払う必要がある。次に、Binanceは法に違反した箇所を認める詳細な文書を公開する必要がある。さらに、将来的にBinanceが法律と規制を遵守するための監視プロセスが設定され、同社はこのプロセスに準拠する必要がある。

Cointelegraphは、報道に対するBinanceのコメントを求めたが、掲載時点で回答を受け取っていない。2022年、CZはBloombergの子会社を訴え、彼が「ポンジスキーム」を運営していると誤った報道を行ったと主張した。