英国FCAは、協調調査の結果、26台の仮想通貨ATMを閉鎖しました

The UK FCA closed 26 cryptocurrency ATMs after a coordinated investigation.

2023年初以来、イギリスの金融監督当局である金融行動監視機構(FCA)は、訪問および検査した34か所の仮想通貨ATMのうち26か所を「妨害」しました。

2月14日、FCAはイギリスのすべての仮想通貨ATM運営者に対して、規制に準拠するか違法な運営を停止するよう最後通牒を与えました。警告に続いて、FCAおよび他の法執行機関は、マネーロンダリングの規制に基づいて36か所の仮想通貨ATMの場所を調査しました。

未登録の仮想通貨ATMは違法です。過去数か月にわたる当局の対応および広範な作業は、違法行為を阻止するために行動することを示しています。 #cryptocurrency https://t.co/KnMhiKAt21

— 金融行動監視機構(@TheFCA)2023年5月5日

全ての仮想通貨ATMの使用に反対する発言をしたのは、FCAの執行および市場監視の共同執行役員であるスティーブ・スマート氏です。

「イギリスで仮想通貨ATMを使用すると、違法に運営されている機械を使用しており、あなたは犯罪者にお金を渡している可能性があります。」

スマート氏はさらに、仮想通貨やビットコイン(BTC)ATMを利用した詐欺被害者は政府や機械の運営業者によって「保護されない」と明言しました。その中で、18か所の場所が5月と6月に検査されました。これはちょうどFCAが検査活動の開始を公表した時期です。

関連記事: 英国政府、暗号通貨を差し押さえる権限を与える法案を前進させる

すべての仮想通貨取引所およびATMはFCAに登録し、イギリスのマネーロンダリングの規制に準拠する必要があります。7月8日、クライブ警察署は報告書を公開し、法執行機関を装った仮想通貨詐欺師が無疑の被害者に電話し、逮捕状を脅迫しながら6000ドルを盗んだと詳細を説明しました。

詐欺師は恐怖心を利用し、法執行機関の職員をなりすまして、仮想通貨ATMを通じて資金を送金させるために無疑の個人を騙す手法を用います。ただし、法執行機関は決して個人に電話や仮想通貨を通じた支払いを要求しませんので、注意が必要です。

この記事をNFTとして収集し、歴史的な瞬間を保存し、暗号通貨の独立したジャーナリズムを支持しましょう。

雑誌: 子供たちに「オレンジの錠剤」を与えるべきか?ビットコインの子供向け書籍の場合