SECは、仮想通貨に対する戦いの中でCoinbaseとBinanceをターゲットにしています

毎日の通勤を想像してみてください。信号や停止標識のない中、スムーズに進むことができます。突然、新しい赤い停止標識が現れ、メインの交差点を一晩で四つの停止標識がある交差点に変えてしまいます。その夜、地元の執行機関からの手紙によって、新しい標識が立っている場所を通過したたびに過去に遡った罰金が課せられるという衝撃が走ります。

どんなに馬鹿げたことに思えるかもしれませんが、この比喩は米国証券取引委員会(SEC)のCoinbaseとBinanceに対する訴訟のアプローチを表しています。

SECが連続攻撃を仕掛ける

SECは訴訟で、これら2つの企業が「未登録」の取引所を運営し、「未登録」の証券を販売していたと主張しています。Binanceに対する訴訟では、内部でのウォッシュトレーディングや自己取引による取引量の不正な膨張などの不正行為が指摘されており、倫理的なビジネス慣行よりも外見に重点を置いていることが示されています。

関連記事:ゲーリー・ゲンスラーはウォール街の小さな人たちに害を及ぼしている

また、Binance.USが親会社であるBinance Internationalから独立していないとも指摘しており、これによりSECの管轄が広範なBinance International組織にも及ぶ可能性があると主張しています。

本日、Binance Holdings Ltd.(Binance)および米国の関連会社であるBAM Trading Services Inc.(Binanceと共同でhttps://t.co/swcxioZKVPを運営している)ならびに創業者のChangpeng Zhaoに対して、さまざまな証券法違反の罪状を指摘して提訴しました。https://t.co/H1wgGgR5ir pic.twitter.com/IWTb7Et86H

— 米国証券取引委員会(@SECGov)2023年6月5日

SECはまた、BinanceのBNB(BNB)、Binance USD(BUSD)、BNB Vault、Simple Earnプログラムを含む、米国プラットフォームで提供されている複数の商品を証券としてラベル付けし、顧客資金の混合と流用を強調しています。これらの主張から、SECのBinanceに対する行動は、規制や顧客資金に関してゆるい対応をする企業を示唆しています。

Coinbase:規則に従う者?

一方、CoinbaseはBinanceとは異なり、規制に大部分が遵守されており、公開された規制された米国の取引所となっています。しかし、SECの訴訟は、Coinbaseが未登録の取引所、ブローカー、クリアリング機関として運営していると主張しています。SECは、Coinbaseが提供する一部のトークンやステーキングプログラムが未登録の証券であると主張しています。興味深いことに、SECはまた、Coinbaseの非預託型デジタルウォレットがブローカーサービスの提供と同等であると主張しています。

SECが特定のトークンを証券としてラベル付けする決定は、ビットコイン(BTC)およびおそらくイーサリアム(ETH)を除くほぼすべての仮想通貨を証券と見なす姿勢の変化を示唆しています。これらの主張にもかかわらず、規制順守と透明性で知られるCoinbaseは、これらの主張に対して裁判で争う予定です。

前途多難

SECのCoinbaseとBinanceに対する訴訟は、SECの意図と暗号通貨の未来について重要な問いを投げかけます。それにもかかわらず、一部の人々は、SECが暗号通貨取引所を規制するための議会の権限を持っていないという致命的な欠陥があるため、Coinbaseに対する訴訟に勝つ可能性は低いと考えています。

1/ SECが@Coinbaseに対して訴訟を提起するという脅迫を現実化すれば、私はSECが敗訴すると考えています。SECの訴訟には致命的な欠陥があります。そして、その問題は完全に@GaryGensler自身の作為です。説明します…

— MetaLawMan(@MetaLawMan)2023年5月3日

CoinbaseのCEOであるBrian Armstrongは、Coinbaseの勝利を自信を持って予測し、Coinbaseが規制の明確化を求める努力をしたにもかかわらず、SECの行動は不公平だと主張しています。彼は最近のウォールストリートジャーナルのインタビューで次のように述べています。

「これは彼ら(SEC)にとって良い事実の並びではありません。陪審員や裁判官が見て『この会社は明確化を求めて正式にあなたに請願しました。彼らは30回もあなたと会いました。彼らは世界最高の弁護士たちと一緒に自分たちの内部フレームワークを開発しましたが、あなたから何のフィードバックも得ませんでした。そして、今回の執行措置を取ったのです。それは公平ではなく、アメリカにとっても良くありません」と言うことができるでしょう」。

この法的戦いは数年かかる可能性があります。理想的には、議会がデジタル資産市場に対する明確な法律を提供してくれるといいです。最近、パトリック・マクヘンリー議員とグレン・トンプソン議員がデジタル資産市場の構造案を提案し、規制の明確化、イノベーションの促進、消費者の保護を目指しています。この展開はゲームチェンジャーになる可能性があります。

関連記事: 暗号通貨愛好家はゲーリー・ゲンスラーを攻撃するのは間違っている

SECの行動は、暗号通貨企業をアメリカから遠ざけ、国内の消費者の暗号通貨への信頼を弱める可能性があります。これにより、香港、ドバイ、シンガポール、イギリスなど他の管轄区域が暗号通貨のイノベーションと資本を引き寄せるチャンスが生まれるかもしれません。

短期的には、暗号通貨株、オルトコイン、アメリカの暗号通貨スタートアップに下降トレンドが生じる可能性があります。投資家はビットコインやステーブルコインに資金を移すかもしれません。長期的には、取引所はアメリカの顧客とSECが証券と主張するものへのアクセス提供に慎重になるかもしれません。例えば、RobinhoodはSECの訴訟でSolana、Cardano、Polygonのトークンを証券と名指しした後、それらのトークンの上場を取りやめると発表しました。

暗号通貨が反撃する

暗号通貨投資家や企業はこれらの告発に反撃し、より暗号通貨に優しい規制環境を提唱することができます。Coin Center、Coinbase、Digital Freedom Allianceなどの政策を促進し、イノベーションを推進し、投資家を保護することを目指している支援団体に対して支援を行うことができます。

SEC estabilizationActの解説 ⤵️ ❌ @GaryGensler議長を解任 ✅ 全ての規制、執行、調査を6人の委員が担当 ➕ 日々の業務のためのED役職の設置 この法案に尽力してくれた、@GOPMajorityWhipに感謝します。 pic.twitter.com/QFEHePJh1h

— Warren Davidson (@WarrenDavidson) 2023年6月12日

政策提唱はまた、現在の反暗号通貨の規制的な環境に対する懸念を表明するために地元の議会指導者に連絡することも含まれます。

オハイオ州の議員ウォーレン・デイビッドソン氏など、すでに暗号通貨を支援している代表者もいます。デイビッドソン氏はSECスタビリゼーション法案を提出し、#FireGaryGenslerキャンペーンがTwitterで注目を集めています。

SECによるCoinbaseやBinanceへの訴訟は重要な転換点ですが、同時に暗号通貨コミュニティが自身の権利を主張し、アメリカにおける暗号通貨の未来を形作る機会でもあります。それを掴みましょう。