アラブ諸国での暗号通貨の台頭:サウジアラビアの最新動向を理解する

仮想通貨がアラブ世界でますます浸透する中、一部の業界アナリストは、サウジアラビアが中国の新開発銀行、またはBRICS銀行に参加する計画が、王国の金融環境の多様化にどのような影響を与えるかを検討しています。

サウジアラビアは、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカなどの最大の発展途上国によって設立された、上海に拠点を置くBRICS銀行、または新開発銀行に加入するための協議を進めています。The Financial Timesが報じています。

リヤドが新開発銀行にアクセスできるようになれば、西洋主導の金融機関に代わる新しい資金調達オプションが王国に開かれることになります。サウジアラビアを銀行の9番目のメンバーとして導入する協議は、NDBが資金調達オプションの正式な評価を開始する準備をしているときに行われています。ロシアのウクライナへの軍事侵略の結果として、これらの話が疑問視されることになりました。

上海に拠点を置く銀行は、本日と6月7日に年次総会を開催します。

2015年に設立されたNDBは、5つの創設ブリックス国家において、96件のプロジェクトに対して330億ドル以上の融資を行っています。その後、このイニシアチブは、バングラデシュ、エジプト、アラブ首長国連邦などの3つの発展途上国をメンバーとして受け入れました。

サウジアラビア当局者は、報道された協議についてコメントしていません。

「王国が代替金融システムに関する調査を行っていることは、噂されるサウジアラビアとBRICSの新開発銀行(NDB)の交渉で見られます。障害はまだ存在しますが、規制が整備された戦略的なアプローチによって、仮想通貨の可能性を引き出し、アラブ諸国の経済発展と安定を支援することができます」と、仮想通貨に特化したサイトNull TXのアナリストが書いています。

リヤドとの交渉の状況についてコメントを求められたNDBは、「中東では、サウジアラビア王国に重要性を付加し、現在彼らとの質の高い対話を行っている」との声明を発表しました。

活動資金の調達を探す

NDBの独立評価事務局の局長であるアシュワニ・ムトゥー氏は、追加の資金調達オプションにアクセスすることが「現時点で最も重要なこと」であると述べ、上海に拠点を置く銀行が必要な融資活動を資金調達することが現在「困難」であることも認めました。

ムトゥー氏によると、「ロシアの状況、戦争…これらは私たちが見る必要があるものです」とのことです。