フルボアなビットコインの急騰に欠けている唯一の要素

The only missing element in the full-fledged rise of Bitcoin.

ビットコインの価格は逆境にも強く、ベアマーケットの最安値からほぼ100%上昇しています。しかし、過去と同様に明確なブルマーケットの兆候はまだ見せていません。

それは、新しいBTCUSD週間チャートによると、たった1つの欠けている要素のせいです。

ビットコインのブルマーケット: 欠けている要素

料理や特にベーキングをする際に、たった1つの材料が欠けているだけでも、望ましい料理やデザートの最終結果が変わってしまうことがあります。例えば、砂糖のないお菓子はあまり甘くありません。適切な調味料と焼き加減がないと、最高のステーキも味わいが劣ります。

同様に、週間相対力指数がオーバーボートレベルに達しない仮想通貨のブルマーケットは、単純に言ってビットコインの上昇相場ではありません。歴史的に見て、ビットコインがオーバーソールドの状態に達することは、完全なブルなインパルスのための要件でした。1W RSIは現在、その重要なシグナルが欠けており、市場が劇的に上昇するのを妨げているようです。

長い間、ブル達が順番を待っています | BTCUSD on TradingView.com

なぜオーバーボートRSIは完全なブルなBTCUSDの上昇相場に必要なのか

言葉の「full-bore(全力疾走)」は非常に適切です。Merriam-Websterによれば、「最大の努力や速度で」と定義されています。相対力指数は、特定の期間内の価格変動のスピードを測定することで、勢いに関する情報を提供します。価格が一方向に非常に速く動いている場合、最大の買い注文や売り注文の努力が必要です。

これが、オーバーボートやオーバーソールドの状態に達すると反転する理由です。最大の速度を維持するためには、一貫して増加し続ける努力が必要です。しかし、仮想通貨では、価格の憶測的な性質のため、FOMOの極端なフェーズが続くことがあり、オーバーボートの状態が長く維持されます。このようなフェーズは、ブルなインパルスと呼ばれ、歴史的にはBTCUSDのRSIで対応するオーバーボートレベルを示しています。

この特定の要素は、2023年現在まだ欠けており、最後に登場したのは2021年で、その前は2019年です。2017年の仮想通貨のブルランでは、ビットコインは何度もオーバーボートレベルに達し、上昇し続ける中でそのゾーンに戻っていきました。BTCUSD週間は上昇し、レシピを完成させるのでしょうか?それともこれはベアマーケットの反発の兆候でしょうか?

このチャートは、CoinChartist(VIP)の第11号に初めて掲載されました。無料で今すぐ購読してください。