ライトニングネットワークは、ビットコインにあるすべての問題を解決するわけではない

ビットコインのレイヤー2プロトコルであるライトニングネットワークは、その名の通り素早く動作するため、ライトニングのように名付けられました。人々はライトニングネットワークを愛しています。

そして、彼らがそうすることは理にかなっています。いくつかの潜在的な問題や欠点があるにもかかわらず、ライトニングネットワークには多くの約束があり、ビットコインのスケーリング問題を解決するのに役立つ可能性があります。しかし、有望な技術であるが故に、ライトニングネットワークは何に対しても解決策として売り込まれています。

これは、Kocooおよびその他の場所で最も重要な暗号通貨ニュースを毎日まとめたThe Nodeニュースレターの抜粋です。フルニュースレターを取得するにはここをクリックしてください。

取引手数料が高すぎる?ライトニングネットワーク。

ブロックが小さすぎる?ライトニングネットワーク。

ブロックが遅すぎる?ライトニングネットワーク。

政府が取引を検閲する?ライトニングネットワーク。

スープが熱すぎる?ライトニングネットワーク。

スープが冷たすぎる?ライトニングネットワーク。

要するに、何でもライトニングネットワークです。

最近のOrdinalsおよびBRC-20ブームによってビットコインの手数料が急上昇した中で、偶然にもマイアミで開催されたBitcoin MagazineのBitcoin 2023カンファレンスと重なったことで、ビットコインの問題についての会話やソーシャルメディア上でも、同じ答えが何度も何度も出てきました。

ライトニングネットワーク。

しかし、ライトニングがすべてのビットコインの問題の救世主であるとは考えていない人もいます。ライトニングネットワークが解決しようとした問題を解決できるかどうかについて疑問を持つ人もいます。

つまり、そっと言ってみると、ライトニングネットワークはビットコインが高速で安価でカジュアルでピアツーピアの取引を可能にする方法ではないかもしれません。

続きを読む:ビットコインが拡大するにつれ、より良いカストディアルソリューションが必要になっています

ビットコインに層を追加することを望む人々や望まない人々がいる一方で、ベースレイヤーは硬化したり変更を停止する必要があると考える人々もいます。

今はそれを置いておき、ライトニングネットワークがある種の支払いには良いものであり、おそらく将来的にもそうなるだろうという実用的な見方が広がっていますが、すべての支払いに適しているわけではありません。どちらの側も完全に正しいわけではありませんが、少なくともハイブマインドが完全に支配しているわけではないようです。

ライトニングネットワークがすべてを解決するわけではないかもしれないが、それでも試す価値がある。

ライトニングネットワークは非常に実験的な技術であり、今日でも提唱者たちは、経験がないと資金を失う可能性があるため、ライトニングネットワークに熟知しない場合は注意するよう警告しています。さらに、Wallet of Satoshiなどの人気のあるライトニング対応ウォレットの多くは、カストディアルであるため、ほとんどうまく機能しています。

ライトニングネットワークは、THNDR Games、Voltage、CashApp、Strike、River、Amboss、Zebedee、IBEXなど、多くの有望なビットコインスタートアップを生み出しました。多くのライトニング支持者は、レイヤー2プロトコルを使ってビットコインを数十億人にアクセス可能にする方法として位置付けています。

彼らが正しいかどうかはわかりませんが、将来、多くの人々がビットコインを使用するようになると、日常の取引にライトニングネットワークを使用することが理論上より安価になり、富の分布が国によって大きく異なることから、よりアクセス可能になるでしょう。

しかし、ビットコインが数十億人にスケールするという考え方は、今日では当たり前のことではありません。ビットコインを使う人々が増えることは問題になるかもしれません。取引手数料が上昇し始めた場合、ライトニングネットワークが引き続き安価であるかどうかは誰にもわかりません。

救済策はありません。ライトニングネットワークでも、Stratum V2でも、あなたのお気に入りのビットコインのものでもありません。

一つのビットコインスピンオフに希望と夢を全て投資する時代は終わりました。偽りの神に投資することは決してうまくいきません。

ビットコインは分散化されているため、多様な考え方が必要です。ライトニングネットワークやLiquid、Ark、あなたの他のものを応援することは大丈夫です。しかし、オープンソースであるため、常に新しいプロジェクトがビットコインに参加してくることができるので、それは良いことです。

編集者:Ben Schiller。