「業界は答えを望んでいない」ジョッシュ・クレイマンがCoinbaseとBinanceについて語る

暗号通貨コミュニティの多くは、SECが最近BinanceとCoinbaseに対する訴訟を恣意的で不公平で、法的基盤が不安定であると信じています。

しかし、Joshua Klaymanはそうは考えていません。

リンクレーターズ法律事務所のアメリカ担当フィンテック責任者兼ブロックチェーン・デジタルアセット責任者のKlaymanは、先週の爆弾発表を長期的に予測し、それに驚くことはありません。Klaymanにとって、SECの行動は、議長のゲンスラーが長年にわたって言ってきたこと、すなわちほとんどの暗号通貨は実際に証券であり、Coinbaseのような取引所は公式のライセンスなしに証券を販売することが常に狙われていたという声明から、自然で論理的に生じていると言えます。

続きを読む: Binance and Coinbase: Experts Weigh What’s Coming Next

「私は、ゲンスラー議長とSECによる非常に露骨なプッシュ、あるいは、一連のパンチと言えるものと見ています」と彼女はKocooに話します。「彼らは長い間、業界に変革を迫ろうとしてきましたが、今回は、その変革を促すための非常に明確な動きを見せたと言えます。」

Klaymanによれば、SECは暗号通貨業界に対して「滑走路は終わり、今こそ変革が必要だ」というメッセージを発信しています。

「ライターのアプトン・シンクレアによると、『給料が理解しないことに依存している場合、人を何かを理解させることは困難です』という言葉があります。私が規制当局であれば、私たちがこの業界を従来の証券と同様に扱うべきだということを表明しないわけではない。それは明確さの欠如ではありません。業界が答えを求めていないということです」とKlaymanは述べています。

訴訟のタイミングは偶然ではないとKlaymanは付け加えました。訴訟は、アメリカ議会が2021年に提出した「Digital Asset Market Structure and Investor Protection Act」の草案を議論しているときに来ています。SECはその存在感を示したいと考えています。業界は規制当局と立法者に「明確さ」を求め、現在、それを提供し始めていると言えます。SECは行動を起こしたいと考えています。

「長年にわたって、人々は言ってきました。SEC、あなたには規則制定能力があります。規則を制定してください。」そして、SECが業界が本当に満足していない複数のルール変更を提案したことがあります」とKlaymanは述べています。

例えば、今年早々、SECは2つのルールの変更を提案し、取引所の定義を拡大する提案と、既存の保管ルールを拡大する提案の両方を行い、両提案とも暗号資産を既存の証券規制に取り込むことになります。最初の提案は公に多くのフィードバックを受け取り、SECは4月にコメント期限を6月13日まで延長し、「多くの反応に対応した」とKlaymanは語っています。

危機の打開策

これはSECの規制アプローチに異議を唱えることができないということではありません。この訴訟を行うことで、SECは自分たちの意見を表明しました。今後、裁判所が具体的な判断を下すことになります。

「それは困難なエリアです。明確なルールを求める人が多いためです」と彼女は言います。「Howeyテスト(証券の定義を定めるもの)が存在する理由全体が、事実と状況に基づいているためです。」

これは双方向で、SECと対象企業の両方が事実と状況に基づいて自分たちの主張を証明する機会を与えています。

これはCoinbaseとBinanceにとって数年にわたる訴訟戦争を意味し、同様の法的リスクを負う企業にとっては継続的な不確実性を意味します。

訴訟を起こされた両取引所は「非常に深いポケットと戦う意欲があるかもしれませんが、全員がそうではない」とKlaymanは言います。暗号通貨企業は自分たちのリスク許容度を厳しく見直し、法的闘いに対する胃の底を見極めなければなりません。「もし戦いに巻き込まれたくない場合は、ここで自分たちの行動を変えることもできます」と彼女は付け加えます。

「多年にわたる法的戦いにお金が必要であり、あなたがお金を稼ぐ方法がある場合、2つの質問があります」とKlaymanは言います。「一方で、あなたはあなたの防御の資金を稼ぐために今やっていることを続けるかもしれません。一方で、あなたがビジネスを変えた場合、SECは、これがあなたが何かを間違ったと認めたことになると言うかもしれません。」

ここで、別のアメリカの取引所であるBittrexのケースは警告的な例となる可能性があるとKlaymanは述べています。取引所がウェブサイトから声明を削除したとき、SECはその行動を、同社が規制当局の注意を引き寄せることができることを理解していたということの認知として解釈しました。

もっと読む:David Z. Morris – SECは過去の戦争を戦っている

この状況は、取引所だけでなくトークンプロジェクトにとっても問題である。SECは2つの訴訟でCardano(ADA)、Polygon(MATIC)、Solana(SOL)に言及した後、取引プラットフォームRobinhoodは即座にこれらのトークンの取引をサポートしないと発表しました。

「SECが50,000以上の資産が証券であると信じている場合、未解決の大きな問題の1つは、これらの資産が永久に米国内で取引禁止になるのか、それとも特別な承認を受けるのか、二次登録が適切かどうかですか?」Klaymanは言いました。

しかし、訴訟はトークンそのものに関するものではなく、トークンを販売する企業に向けられています。「私の見解では、SECはここでいくつかの[トークン]が証券である可能性があることを示そうとしていますが、大物を釣ろうとしているのはトレーディングプラットフォームであり、必ずしもトークンではありません」とKlaymanは言います。

規制がやってくる?

CoinbaseとBinanceの訴訟が米国議会を行動に移すよう説得することができるかもしれませんが、Klaymanは、多くの重要な問題がまだ裁判で解決される必要があると考えています。

去年11月のFTXの崩壊の前に、Kirsten GillibrandとCynthia Lummisによる法案やDigital Commodities Consumer Protection Actなど、暗号通貨の規制体制を自由化するための議会でのいくつかの法的試みがありました。しかし、「それらを通過させる政治的な意志はありませんでした。」FTX後、議会は暗号通貨に関してかなり分裂しており、前進するための合意に達することがより困難になっています。

「自由化につながるような法律を得る可能性は低いです。もっと厳しいことになる可能性が高いです」とKlaymanは言います。

先週のGenslerの公式コメントで、米国が「より多くのデジタル通貨を必要としていない」と述べたことで、Klaymanは「政治的な演劇の要素があり、SECが正しいことをしていると説得する要素がある」と考えています。

彼女は、Genslerがこのような声明をする理由を持っている可能性があると考えています。

「[Gensler]が将来財務長官になるための設計を持っているという憶測がありました。そして、財務省にはドルがあります!」Klaymanは付け加えました。

彼女は、特に暗号通貨が現実世界の資産やトークン化された証券のトークン化において、資本市場の範囲を拡大できる場合、業界の将来について一般的に楽観的です。