ヒンマン文書:XRPへの影響、SECの信頼性などの示唆

ヒンマン文書は、リップルと米国証券取引委員会(SEC)の間で長期にわたるやり取りの後、ついに2023年6月12日に公開されましたが、それらは具体的に何を明らかにしているのでしょうか?

これらの文書は広範囲であり、公共資源であるPublic Access to Court Electronic Records(PACER)やCourtListenerのような場所で見つけることができますが、弁護士のジェームズ・フィランは、2023年6月13日にツイートして、2つのURLにまとめました。

#XRPCommunity #SECGov v. #Ripple #XRP ここに、一箇所にまとめられたヒンマン文書、エキシビジョン番号別です。 https://t.co/6kUYZ1X2WK https://t.co/wZQmalfFkS

— James K. Filan (@FilanLaw) June 13, 2023

公開後、プロ-XRP弁護士でありCryptoLawの創設者であるジョン・デイトンは、Kocooに語り、彼の信念を共有しました。「文書自体は、リップルが投資契約としてXRPを提供/販売したか、またはXRPの米国内の二次市場における地位について、裁判官の根本的な分析に影響を与えない。」

これは、リップルのSECとの法的闘争における主要な防御策と考えられています。しかし、この事件に注目している人々は、その時のSEC議長ジェイ・クレイトンがスピーチを「デジタルアセットが証券であるかどうかを評価するために取るアプローチ」と言及していたにもかかわらず、2018年のスピーチには、当時の企業金融部門のディレクターであるウィリアム・ヒンマンの個人的な見解であり、「コミッションの見解を必ずしも反映していない」という免責事項が含まれていました。

ヒンマン文書が話題となっているため、他の多くの暗号弁護士も、それらがXRPやEther(ETH)に対して何を意味するか疑問に思っています。

「何もないもの」?

文書が公開された後、Delphi Labsの暗号化会社の法務担当ガブリエル・シャピロなどの多くの見物人は、ツイッターで「何もないもの」と呼び、リップルとSECの事件に影響を与えないと述べました。

HinmanのメールはETHにとって素晴らしいものであるが、どうしてリップルがこれらのメールがリップルの事件に役立つと思っているのかわからない…。

— _gabrielShapir0 (@lex_node) June 13, 2023

プロ-XRP弁護士であり、Hodl Lawの創設者であるフレッド・リスポリは、6月15日にThinking Cryptoポッドキャストに出演した際には、異なる見方をしています。彼は、これらの文書が「爆発的」であると示唆し、規制当局と民間企業の間には「業界人を回すドア」があることを私たち全員が知っているが、そのようなことは「舞台裏での取引」であり、公衆がメールで示されるほど明確に見る機会を得ることはめったにないと述べました。

言い換えれば、これらの文書は、XRPの証券決定に関してリップルに役立たないかもしれませんが、SECの信頼性に影響を与えます。他のSEC部門からの抗議にもかかわらず、ヒンマンがスピーチを行った理由をより明確に示しています。

これらの文書には、SECの総務部門の弁護士であるローラ・ジャーセリックが、十分に分散したネットワーク上のトークンが「支配的なグループ」がないために「証券ではなく、規制上のギャップに存在する可能性がある」と認識していることが示されていますが、信用カードや医薬品と同様に、購入者を保護するための規制が必要になるかもしれないと述べています。

これは重要かもしれません。現在のSEC議長であるゲーリー・ゲンスラーは、ビットコイン(BTC)を除くすべての暗号通貨が証券であると信じており、既に暗号通貨の規則が存在すると述べています。

リップルの公正な通知の防御を強化する

リップルの公正な通知の防御とは、2020年12月に証券詐欺を犯したとして訴えられる前にSECが十分な通知を提供していなかったという主張を指します。

しかし、長い間の裁判の前例であるハウイテストは、取引が投資契約または証券として資格を持つかどうかを決定するための公正な通知と見なされているため、防御策は一般的には強くないと考えられています。

公正な通知の防御は多くの人々が考えるものではありません。@RippleのFNDが簡単に勝てるとコメントするコメントをたくさん見ますが、間違いありません、リップルは裁判官がFNDを決定しないことを望んでいます。#XRPHoldersはFNDに関する決定を望んでいません。

— John E Deaton (@JohnEDeaton1) July 2, 2022

しかし、Kocooとのインタビューで、デイトンは、文書がリップルの主張を支持していると示唆し、スピーチが市場の混乱を引き起こし、市場参加者がハウイ・テストの下で証券として何が構成されるのかを正確に判断する能力を妨げたことを示唆しました。

「文書は、既存の法律によって禁止されているものが何であるかについて十分な通知を欠いていた市場参加者によって、市場により大きな混乱を引き起こしたことをリップル(および他の人々)を支援しています。」

SECの信頼性

Hinman文書は、さまざまなSECメンバー間の会話を公開リリースの準備をする中で示しています。

リップルの最高法務責任者スチュアート・アルデロティは、6月13日のTwitterスレッドで指摘したように、メールは他のSEC部門からフィードバックを受け取ったことも示しており、Etherが証券ではないと判断した際に使用した一部の要素に法的根拠がないことに注意を喚起しています。

3/Aリマインダー:ヒンマンは、SECのCorp Finの責任者として、トークンが「十分に分散化」すると証券ではなくなり、十分に分散化した決定を下す際に考慮すべき要因を考案した2018年6月にスピーチを行いました。

— Stuart Alderoty (@s_alderoty) June 13, 2023

デイトンのCryptoLawは6月14日にパネルを開催し、フェロークリプトロー・ロイヤーのジェレミー・ホーガンと、16年間同機関で働いた元SEC証券弁護士マーク・ファジェルが参加しました。

The Hinman Docs: All-star Legal Panel https://t.co/5I6xAI5H0B

— CryptoLaw (@CryptoLawUS) June 14, 2023

パネル中、ファジェルは、メールには事件に関連する本当の爆弾は含まれていないと述べましたが、潜在的な利益相反がいくつかあり、ヒンマンに動機を付与したくないと何度も述べましたが、次のように追加しました:

「私はそれに両面性を見出そうとします。だから、倫理的に何かがあると飛びつくのは好きではありませんが、ここにはいくつかの利益相反的な問題と非常に失望する行動があることには同意できます。」

SECでの仕事の前後に、ヒンマンはSimpson Thacher& Bartlettという法律事務所で働いており、Ethereumブロックチェーン技術の利用を推進する提唱団体であるEnterprise Ethereum Allianceのメンバーでした。

情報開示請求を提出したEmpower Oversight Whistleblowers and Researchという監視団体によると、Hinmanは「SECで働きながら、Simpson Thacherから何百万ドルも受け取り続けた」とのことです。

パネルで展開されたように、Hinmanが実質的にEtherを自由に通過させ、Etherが証券ではないと言ったスピーチを行うために賄賂を貰っていたということを、以前に「ETHGate」と呼ばれたことがあります。

関連記事:リップルのアルデロティ氏、ビル・ヒンマンと彼の悪名高いスピーチの調査を求める

ホーガンは同様の意見を持っており、メールにはリップルが積極的に使用できるものはほとんど含まれていないと述べていますが、ヒンマンはSECよりもメールの内容により注意を払う必要があると指摘しています。特に、彼のスピーチの初期の草稿では、「Etherスピーチ」として参照されていたことを考慮すると、SECよりも注意を払う必要があると述べています。

Etherの強化された立場

デイトンはまた、「スピーチ文書はEthereumにとって良いものであり、Ethereumブロックチェーンによって統治されるERC-20トークンのようなものも助けることができる」と信じています。

「SECがネットワークが十分に分散化したと主張した場合、それらのトークンはRippleよりもより良い公正な通知の主張があるはずです。」

これは、総合法務部のコメントでも言及されており、同部門は、「スピーチに直接Etherについての声明を含めることに関して懸念していた」と共有し、「将来のEtherに対する別の立場を取ることは困難である」と述べました。

NFTクリエイター: 「Holy shit, I’ve seen that!’ — Coldie’s Snoop Dogg, Vitalik and McAfee NFTs