「G20諸国は、FSB(金融安定理事会)の厳しい暗号通貨規制を歓迎すると、インドの議長国は述べた」と発表しました

The G20 countries announced that the chairman of India welcomed the strict cryptocurrency regulations by the Financial Stability Board (FSB).

インドの財務大臣であり、現在G20議長を務めているニルマラ・シタラマンは、火曜日の記者会見で、二十か国・地域財務相・中央銀行総裁会議(G20)は、金融安定理事会(FSB)による仮想通貨活動とグローバルステーブルコインの取り組みに関する高レベルな推奨事項を歓迎したと述べました。

国際的な基準設定機関であるFSBは、仮想通貨のクライアント資産の保護と利益相反を防ぐための厳格な規則を求め、仮想通貨の不正行為が相次いだことに対応しています。これらの推奨事項は、従来の金融企業が強力な仮想通貨の規制を求める中で行われた協議に続いていますが、バイナンスやコインベースなどの企業は、厳格な規則がイノベーションを制約する可能性があると警告しています。

ステーブルコインの規制は、G7とG20の間での論点となっており、CoinDeskは以前に報じていますが、シタラマンはG20がステーブルコインに対する監視のためのFSBの推奨事項を歓迎していると述べました。

この発表は、インドの議長国として開催された第3回財務相・中央銀行総裁会議の後に行われました。

シタラマンはまた、月曜日の夜遅くまで続いた議論で、インドの議長国によって作成された仮想通貨に関する文書も提示されたと述べました。具体的にはどのような内容かは明確ではありませんが、現地報道によれば、その文書は各国や機関によって行われた作業を要約することを期待されていたとされています。

「メンバーはまた、インドが準備した議長国文書について議論し、包括的かつ統合的なグローバルな政策と規制枠組みを実現するために必要な作業の優先順位を定める上で重要な情報源であることを認識しました」とシタラマンは述べています。

FSBの推奨事項に加えて、G20は9月にFSBと国際通貨基金(IMF)の共同総合報告書を受け取る予定です。この報告書は仮想通貨のグローバルなマクロの影響に焦点を当てており、インドの議長国におけるG20の立場が最終的に決定される時期です。

インドの中央銀行総裁シャクティカンタ・ダスは、2023年1月の国際決済銀行(BIS)による報告書について、「仮想通貨の禁止を規制の選択肢として含んでおり、これは数年前から私たちが言っていることに反映されている」と述べ、仮想通貨には「巨大なリスク」があると指摘しました。

ダスはまた、G20の中央銀行デジタル通貨(CBDC)に関する議論についても言及し、「CBDCはより真剣に検討すべき重要な要素であるという考え方に変化がある」と述べました。

「CBDCはより簡単で円滑な国境越えの取引や国境越えの支払いを容易にする可能性が非常に高いと認識され、この課題を進める必要がある」とダスは述べ、「法定通貨のデジタル版は通貨システムに根本的な変化をもたらすことになる」と付け加えました。

世界中の中央銀行がこの問題を研究しており、国際決済銀行の最近の研究によれば、2030年までに約15の小売りCBDCが流通する可能性があるとされています。

詳細はこちらをご覧ください:金融安定理事会、混乱の年に続く厳格なグローバル仮想通貨規則を呼びかける

更新(7月18日、13:33 UTC):詳細を追記しました。

編集:ネルソン・ワン。