EUのAI規制は、160人のテックエグゼクティブが署名した手紙に火をつけた

世界中のテック企業の160人以上の重役からなるグループが、欧州連合の立法者に対してオープンレターを発表し、人工知能(AI)の規制について慎重な考慮を求めました。彼らは、この規制が産業や市場の成長を阻害する可能性があると指摘しました。

6月30日、ルノー、メタ、スペインの通信会社Cellnex、ドイツの投資銀行ベーレンベルグなどの企業の重役は、提案されたEU人工知能法に言及し、この法案が地域の競争力とイノベーションを危険にさらしかねないと述べました。

具体的には、このレターはEUが提案した規制によって生成型AIツールについて厳しい規制が行われ、技術開発企業にとっては責任のリスクと高いコンプライアンスコストをもたらすと警告しました。

レターの2週間前である6月14日、欧州議会は初めてのEU人工知能法を可決しました。この法律には、ChatGPTのようなツールがすべてのAI生成コンテンツを開示することを義務付ける規定や、違法コンテンツに対する措置などが含まれています。

さらに、現行の法律では、特定のAIサービスや製品の使用を禁止することが意図されています。生体認証監視や社会的評価システム、予測型警察活動、いわゆる「感情認識」や非対象型顔認識システムなどの技術には完全な禁止が課せられました。

関連記事: 米国、AIチップの輸出規制を強化することを検討

法案が実際に法律として成立する前に、議会のメンバー間での個別の協議が行われ、EU人工知能法の詳細が最終的に確定されます。この最近のレターは、テック企業が依然として議員に対してより寛大な措置を求める時間があることを受けて発表されました。

レターが発表される前日、マイクロソフトの社長がヨーロッパを訪れ、AIの最適な規制方法について規制当局と話し合いました。

5月には、OpenAIのCEOであるサム・オルトマンもブリュッセルで欧州の規制当局と会談しました。彼は、過剰な規制がAI産業に与える潜在的な悪影響について警告しました。

欧州連合のテック部門の責任者は、連邦とアメリカが連携し、より永続的な措置が確定するまでの間、自主的な「AI行動規範」を策定するよう促しています。

3月には、イーロン・マスクを含む2,600人以上のテック業界のリーダーや研究者による別のオープンレターが発表されました。しかし、このレターはAIのさらなる開発に一時的な停止を求め、規制を要請しました。

雑誌: AIを制御し、仮想通貨で人間を動機づける方法