ヨーロッパ銀行監督機構がステーブルコインの標準化の早期導入を呼びかける

The European Banking Authority calls for early adoption of stablecoin standardization.

必要な規制が1年以内に予想されることを前提に、欧州連合の銀行監視機関は、ステーブルコイン発行者に対してリスク管理と消費者保護に関する特定の「指針原則」に自主的に従うよう要請しました。

欧州銀行監督機構(EBA)は、仮想通貨資産市場規制(MiCAR)の要件を明確化するために、2024年6月30日から発効するステーブルコインの発行に関する最初の措置を2023年7月12日水曜日に公開し、意見を募集しました。これらの措置には、永続的な償還権や苦情処理のためのガイドラインなどの条項が含まれています。

EBA声明のスクリーンショット。出典:EBA

EUは4月にMiCARを承認し、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨や通貨や資産で裏付けられた仮想通貨を取引するための世界初の包括的なルールセットを作りました。

しかし、枠組み法が採択された今、EBAの関係者は、必要な制限が実施される前に、企業がガイドラインに従って適切なガバナンスとリスク管理を行うよう促しています。

EBAの声明によれば:

“MiCARの適用に係るタイムリーな準備行動を促進し、潜在的に混乱を引き起こす業務モデルの急激な調整や監督の収束を促進し、消費者保護を容易にすることを目的としています。”

別の規制の進展として、EUの欧州証券市場監督機構(ESMA)は、仮想通貨資産サービスプロバイダー(CASPs)のための草案ルールを示しました。これらのルールは、CASPsを認可する一方で、顧客資産と取引を分離することを目指しています。その目的は、FTXのケースで見たように、顧客の資金と企業の資金の混合を避けることです。

関連記事:MiCAのステーブルコインの取引上限が仮想通貨の普及を阻害、と弁護士たちは言う

ESMAの規制は、2025年1月に効力を発揮する際、未裏付けの仮想通貨の投資で顧客が損失を被った場合の補償計画はありません。10月には、EBAがステーブルコイン発行者の資本ニーズと不安定な市場でのステーブルコインの償還処理方法に対応する第二セットの草案ガイドラインを発表します。

雑誌:プラハクリプトシティガイド:ヨーロッパの中心でビットコインを