テラクラシックコミュニティの投票により、復興の取り組みが続く中、USTCの鋳造を停止することが決定されました

The decision to halt the minting of USTC has been made through the voting of the Terra Classic community, as efforts for recovery continue.

テラクラシックプロトコルは、2022年に一度高騰したテラプロトコルの崩壊を受けて99%下落した悪名高いトークンであるテラUSD(USTC)の発行を終了します。

先週終了したテラクラシックのガバナンスフォーラムで行われたコミュニティ投票では、USTCの発行を停止するための承認率59%を獲得しました。現在のUSTCの価値は月曜日の午後時点で1セントです。

テラクラシックは、Terraform Labsによって作成されたオリジナルのネットワークです。テラの崩壊後に作成された分岐バージョンであるTerra 2.0ではなく、独立したブロックチェーンとして継続しています。

TerraUSDは、テラの崩壊の中心となったトークンであり、LUNAトークン価格の99.9%の暴落、テラベースのDeFiアプリケーションからの280億ドルの流出、そして最終的には暗号資産ファンドの破綻につながりました。

コミュニティメンバーは、この動きがUSTCを焼却してリペッグを実現するために協力するユーザーや外部投資家を保護するのに役立つと述べています。焼却とは、誰にも管理されていないアドレスにトークンを送信して通貨供給から永久に削除することを指します。

USTCのようなアルゴリズムに基づくステーブルコインは、LUNAやビットコイン(BTC)などの資産バスケットに裏付けられており、これらの資産を保持するために中央集権的な第三者に依存しません。しかし、これらのトークンの多くは、「デススパイラル」と呼ばれる状態に陥ります。つまり、裏付けとなる資産の流出や売却によって、USTCのペッギングが突然解除されることがあります。

USTCはこのメカニズムによって1ドルにペッギングされることを目指しており、メンバーはトークンの焼却によって最終的にはその目標が達成されることを期待していました。ただし、これには数兆のトークンが焼却される可能性があります。

「任意の形式の発行や再発行は、コミュニティの努力に完全に反するものです」と提案文は述べています。「最も重要なことは、この提案によってバイナンスなどの機関がUSTCの焼却を開始することが可能になることです。なぜなら、発行や再発行が終了することを知っているからです。」

このような提案と動きは、テラをかつての栄光の日々に戻すことを望む一部のエンジニアの小さな集団の一環です。

「サムライ・シックス」という名前のグループは、テラクラシック上で構築されたアプリケーションやネットワーク上で作業する開発者に対する報酬を提供するために積極的に取り組んでいます。CoinDeskが以前に報じたとおりです。

これらの取り組みは、将来的にはテラクラシックエコシステムへの価値創出と、時間の経過によるLUNCの価値上昇を目指しています。

編集:パリクシット・ミシュラ。