「テキサス州がビットコインマイニングで圧倒的な存在で、米国のハッシュレートの28.5%を占める:報告書」

Texas dominates Bitcoin mining, accounting for 28.5% of the US hash rate report.

出典:Pixabay

テキサス州は、仮想通貨のマイニングの中心地となり、2023年7月現在、アメリカのハッシュレートの28.50%を占めています。

北米最大のマイニングプールであり、世界第5位のFoundryのデータによると、テキサス州はアメリカの「暗号通貨首都」として位置づけられており、ビットコイン(BTC)ネットワークの総ハッシュレートのシェアでアメリカがリードしています。

このマイニングプールによると、「2021年末時点でテキサス州はアメリカのハッシュレートの8.43%を占めており、2023年7月27日現在では28.50%にまで跳ね上がっています」とCNBCの報告書によって述べています。

しかし、表示されているデータは集計されたものであり、テキサス州のハッシュレートの割合は実際にはそれ以上であるとFoundryのマイニング戦略担当シニアバイスプレジデントのケビン・ジャン氏は指摘しています。

ジョージアなどのマイナーフレンドリーな州は、競争力のある電力価格や太陽光などの再生可能エネルギー源を提供しているにもかかわらず、過去2年間でアメリカのハッシュレートのシェアが34.17%から9.64%に減少しました。報告書によれば、ハッシュレートの減少はテキサス州のマイニング事業の最近の成長によるものです。

ニューヨーク州もハッシュレートが2021年の9.53%から8.75%に減少しました。しかし、ニューハンプシャー州とペンシルベニア州はアメリカのハッシュレートのシェアが大幅に増加しました。

ネガティブプライシングの急増

報告書には、過去10年間でネガティブプライシングが増加していることも強調されています。研究者たちは、ネガティブプライスの急増が国内の卸売市場の全時間の6%以上を占めていると述べています。さらに、このネガティブプライスの電力はテキサス州で増加する可能性があり、ビットコインマイナーにとって理想的です。

ビットコインマイニングエンジニアのブランドン・アルヴァナギ氏は、これを「win-winの状況」と呼んでいます。

「ただ、その時間にビットコインのマイニングをしていた場合よりもマイナーにわずかに多くの報酬を支払うだけです。」

最近、ビットコインマイニングとデータセンターを運営するRiot Platformsは、2023年8月を「画期的な月」と位置づけ、独自の電力戦略の利点を提案しました。

RiotのCEOであるジェイソン・レス氏は、「Riotは2022年に受け取ったすべてのクレジットの合計額を上回る、8,170万ドルの電力および需要応答クレジットの新記録を2023年8月に達成しました。これらのクレジットの影響により、Riotのビットコインのマイニングコストが大幅に低下し、Riotが業界で最も低コストのビットコイン生産者の1つとなっています。」と述べています。

主要プレーヤー

Riotのような主要プレーヤーの一部は、熊市にもかかわらずテキサス州や他の州でのビットコインマイニング計画を拡大しています。Riotは2022年に拡張計画を発表し、土地の取得、敷地の準備、変電所の開発、送電線の建設、付属建物の建設などを含んでいます。

また、Cipher Miningは2021年5月にテキサスの施設に11,000台の新しいマイニングリグを購入しました。

中国が2021年にマイニングを禁止したことを受けて、テキサス州はビットコインマイナーにとって歓迎される州となりました。多くの仮想通貨マイナーがテキサス州をマイニングの拠点に設定しました。

さらに、テキサス州の電力グリッドである「ERCOT(Texas Electric Reliability Council)」は、ビットコイン取引の検証から得られる報酬に加えて、追加の収入を生成する会社に対してクレジットを提供しています。

このため、ERCOTはRiotやCore Scientific、Genesis Digital Assets、Marathon Digitalなどのビットコインマイニングの巨大企業を州内に引き寄せています。